トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

小名木善行さんの☆取り戻す日本

Image

「日本を取り戻す」かぁ〜。。。

私が、世間の価値観、マスコミの価値観に疑問を持ったのは
やはり五年前の田母神さんの更迭事件の時ですね。
それまで、マスコミやテレビ、週刊誌が作る流行に何の疑問も持っていなかったような気がします。

「日本は良い国だ。
侵略なんてしていない」
ということを幕僚長が本に書いたことが、なぜこんな問題になってるの?
とかなり不思議に思っていました。
証人喚問でテレビに映った田母神さんの目を見て、私は衝撃を受けました。
目に一点の曇りもないんです!!!

私の記憶にある証人喚問の登場者は、全員目が淀んでいたし
「記憶にこざいません(u_u)」
といいながら、目が泳いでいる人ばかりでした。

ところが田母神さんは
「はい。私がしました!」
と爽やかで綺麗な目でお答えになっておりました。

この方のどこが間違ってるの?
何で世間から非難されなきゃいけないの?
正しい発言だし、
発言は自由なものじゃなかったっけ?

とたくさんの???が頭中に溢れかえり、私と同じに田母神さんは正しい!という価値観を探しに、ネットの世界へ旅立ちました。




政治のランキングのブログを見ながら、あれこれと探すと
何だか怖い世界のような気がしました。
ブロガーもコメンテーターも、極めちゃってるようで
私みたいな入門希望初心者には、ハードルが高いものばかりで親近感が湧いてきません。
時事問題を取り上げて、非難繰り返して、デモとか街宣呼びかけて、
ついていけないブログばかり。
そこで見つけたのが、ねずさんのブログでした。

ねずさんのブログは、優しい。
よくわかる。
面白い。

長くて読むのに大変だけど、そこには感動できるところがたくさんあるので、戦争のこととかでも読むことができました。

五年間、毎日のように読むようになって価値観に変化が出て来ました。

ネット上に流れる情報にも、私なりに疑問を持つことができるようになりました。

そして、私と同じ価値観を持つ先生方を探すこともできるようになってきました。

昨日も、Facebookでつくる会の齋藤武夫先生が、今の流れを作っている新自由主義というレッテルはりの、安倍総理叩きの経済の専門家たちへのご意見に、私は「あ、先生も私と同じ意見なんだ^_^」と喜んでいました。

価値観の共有、って嬉しいものですね(⌒▽⌒)

それもこれも、ねずさんのブログのお陰です。

私みたいな入門希望初心者の方に、是非ともねずさんのブログ、ねずさんの本を読んでいただいて、

「戦後歪んでしまった、日本人本来の価値観を取り戻すこと」をしていただきたいのです。

それが、日本を取り戻すことだし、守ることだと思うからです。

「小名木善行」と検索すれば、ねずさんの誹謗中傷ばかりで悲しいです。

日本を取り戻すために貢献できるブログや本を書くことのできるねずさんの、足を引っ張る方々は、
いったいどれだけ、日本を取り戻すために貢献してくださっているのでしょうか。

結果として、反日工作員に協力していることになりはしないのだろうか?

最近の私は、保守の中に潜むそんな危険を察知することが、大切になってきているし、日本を守り取り戻すための、重要な要素でもあると感じてきています^_^;


Image_2


ふー
今日も朝から、お勉強してしまった。
ボケ防止になったかしら(⌒-⌒; )
日本を取り戻すのも大切だけど
それ以上に大切なのは
ボケないことだわ。
切実です!!!…>_<…



2013年10月30日 (水)

小名木善行さんの☆白根山の駒草

Image_8

今日のねずブロは、11月1日の第12回宮崎未来塾のご紹介です。

詳細はhttp://nezu621.blog7.fc2.com/?no=2061

私の好きなお話の一つに、白根山の駒草があります。

こんなお話です(^^)


人気ブログランキングへ

写真の花は、高山植物の駒草(コマクサ)です。

花の形が、馬の首に似ていることから、この名前がついているのだそうです。

とても美しいこの花は、不思議なことに、他の植物が生育できないような厳しい環境のもとでのみ生育します。

ヨーロッパには生息していません。
日本の高山を中心に、北海道、千島、樺太などに分布する花です。

高山などでは、標高が高くなると、ほとんど土がありません。
かわりに石がゴロゴロしていて、その石も風で動いてしまいます。
駒草は、そういう環境で育ちます。
そして美しい花を咲かせます。

だから花言葉は、高嶺の花、誇り、気高い心です。
そう聞くと、なんだか、ほんとうに気高い花に見えて来ます。

花も美しいですが、茎や根も、古来腹痛の妙薬として親しまれて来ました。
戦前は、本白根山一帯は、関東随一の駒草の群生地でした。
駒草は、多くの人のお腹の痛みを和らげました。

しかし、そのために、本白根山の駒草は、まさに絶滅寸前まで追いつめられてしまったのです。

その駒草を、戦前のようなもとの姿にもどそうと立ち上がった人いました。

http://d.hatena.ne.jp/akagi39/touch/20050716/1293205665

文中にある干川氏とは、万座温泉で民宿「こまくさ園」を経営されていた方です。
明治44(1911)年のお生まれで、平成7(1995)年に、84歳でお亡くなりになりました。

干川さんが、たったひとりで駒草を山に植えはじめたのは、昭和29(1954)年のことでした。 それから37年、80歳になって引退表明するまで、干川さんは、ただひたすら、本白根山に駒草を戻そうと、努力をされてきました。

環境問題や、自然保護を叫ぶ人はたくさんいます。

けれど、環境問題も自然保護も、長い長い期間にわたって、人が地道な活動を続けた先に、実現できることです。

しかも、それによって利益を得れるというケースは、非常にすくない。 それでも、やり続ける。

地位でもない。名誉でもない。お金でもない。ましてや誰の命令でもない。 そういうことを、地道にコツコツとやり続けるのが、日本人の本当の勁(つよ)さ、底力なのではないかと思います。

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

本当にありがたいことです。

ともすれば、自己利益だけを追求しがちなのに。

ねずブロでは、こういう無欲で何の見返りも求めない、本当に勁い方々を紹

介していただけるので 毎日勉強になります(^o^)/

Image

寒くなってきましたから、風邪ひかないように暖かくしましょうね(⌒▽⌒)

2013年10月29日 (火)

小名木善行さんの☆百年後の常識

Image

こんなお写真見るだけで、良い香りに包まれているような爽やかな感じに包まれますね(^_^)

〉こうした近現代史の見方は、いまはまだ亜流とされていますが、あと数年したら間違いなく日本の主流となると思うし、100年後には、世界の常識となっていくであろうと、私は思っています。

ねずさんの、今日のブログのまとめのところです。
日本的価値観が、100年後の世界の常識になるために、ねずさんのブログはとても重要な要素の一つであると私は感じています。

だって、問題を毎日探して非難して中傷していて、拡散して、少数が抗議しても何も変わりませんから。

それよりも、しっかりとした日本的価値観を多数の国民が常識として見につけ、責任ある投票をして中山先生ご夫妻のような、信頼のおける政治家に当選していただいて、ちゃんとした外交と軍備とで国益を守っていただいて、国民の安全、安心な暮らしを守っていただくことしかないと思うからです。

大多数の国民の、価値観を変えてしまうことのできるねずブロが、最も日本を動かす影響力だし、抗議だし、拡散の価値があるのではないでしょうか。

ねずさんの本がベストセラーになれば、必ず何か大きな変化があること間違いなし!です。

楽しみです(^_−)−☆

http://nezu621.blog7.fc2.com/?no=2054

〉それにしても、徳川の平和への願いは徹底していました。
たとえば、全国の武士たちがヒゲをはやすことまで、事実上これを禁じています。
男がヒゲを生やすのは武威を張り、徳川の天下に危害を及ぼす目的を持ったものだ、というのです。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

それで、お髭のひとが少ないのですか。
良かった〜(^ ^)
私は、お髭生えてる方は、ちょっと苦手^_^;
綺麗に剃ってないとイヤです。
徳川様のおかげだつたんですね。
さすが!ですね〜〜〜(*^_^*)

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

〉もっというなら、おなじく幕末に日本にやってきたロシアのフリゲート艦ディアナ号は、駿河湾で沈没していますが、これと同じ船を、またたくまに伊豆の船大工たちが作ってしまっています。
技術そのものについては、なにも驚くこともなかった。
ただ、蒸気船という新しい駆動方式に、むしろたいへんな興味を抱いたというのが、現実の話です。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

えー(;゜0゜)
知りませんでした!
そうだったのですか!

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

〉このうえは幕藩体制を完全廃止し、国民総力戦が可能な統一日本政府を構築するしかない・・・というのが攘夷派。
幕藩体制のまま、統一政府化すべきだというのが、佐幕派となって、戦いが起こったのが戊辰戦争です。

会津藩が、どうして最後まで頑強に抵抗したのか。
それは藩主の松平容保が、婿養子だったからそうせざるを得なかったのだ、などと、これまたアホな見解を書いている本や小説がありますが、これまた大きな間違いです。

殿様がおかしなことを言い出せば、殿様を座敷牢に押込めてしまうというのが、江戸時代の習慣です。
つまり、会津藩が頑強に抵抗したのは、藩をあげてのこれが総意であったからです。
ではなぜ、会津藩士たちが、そのような見解に至ったか。

これについては、西郷頼母が、はっきりと書きのこしています。
武家は民を守るためのものであり、民が安心して暮らせるように仕向けるのが武家の役割である。国を護るために戦うのは、まさに武士の仕事であって、そのために民をつかうなどということはもってのほか、というわけです。

要するに幕末戊辰戦争は、国民皆兵論か、あくまでも武家専従論かの違いがもとになっているわけです。
武士は民のために平素から腰に二本の刀を差しているわけです。
その武士が、いざ戦いとなったら、農民や町民たちに武器を持たせて闘わせ、自分たちはその裏で指揮をとるなどというのは、卑怯者のすることであると、これが本来の筋道ですし、その意味で会津は、まさに武家としての筋道を最後まで通したわけです。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

<要するに幕末戊辰戦争は、国民皆兵論か、あくまでも武家専従論かの違いがもとになっているわけです。>

ここんとこ、かなり重要です!
私は、なんでか知らないけれど佐幕派が好きです。
攘夷の方たちのイメージは悪いんです。
龍馬暗殺したりしたし。
目的のためには手段を選ばない、ドロクサイイメージなんですね。

やっと嫌いな謎が解けました。

攘夷派が、国民皆兵論だから嫌いだったんですね~~

なーるほど!!!

保守で、軍事力強化というと、徴兵されて子どもたちを戦争に駆り出されてしまうという大きな誤解を、たくさんのお母さんと子どもがしています。

武士と民の役割りの違いは、私たちのDNAにしっかと刻まれていますので、国民皆兵論は、違和感を感じて不安になってしまうのです。

教科書で教えてくれないなら、何度でもこの「会津藩の筋道」をねずブロで取り上げていただき、たくさんの人に伝えて欲しいです。

そうすれば保守への誤解が溶けて、お母さんが熱心に保守になります!!

今日も勉強になりました(⌒▽⌒)

ヨカッタ、ヨカッタ^ - ^

Image_2君たちの

幸せな笑顔、くつろいだ眠りを守るために

安心、安全な日本でありますように☆

2013年10月28日 (月)

小名木善行さんの☆新自由主義とグローバリズム

Image

紅葉が綺麗だった〜(*^_^*)
という声があちらこちらから聞こえてきます。

紅葉狩り。

毎年、楽しみですね。
美しいものが大好きな私たちは、いったいどれくらい前から、この秋という季節を楽しんできたのでしょうか?
きっと、縄文時代からですよ。
いえいえ、もっと前からかも。
はるかな過去から、変わらぬ感性で美しい景色、花を愛で、
人を愛してきた日本人って素敵ですね〜(^ν^)

と、ウットリしていたいところですが
ねずさんのブログで、私がチンプンカンプンの新自由主義とかをとりあげてくださったので勉強しなきゃ!と思います!!!

http://nezu621.blog7.fc2.com/?no=2053

〉「自由主義」はなんでもありで、儲かりゃいい、儲かるためなら、殺人だってへいっちゃらさ。奴隷だって使っていいじゃん、などとやっていたものが、さすがにそれだけでは社会の頽廃を防げない。
そこで、なんでもありの自由ではなくて、そこに多少の規制を入れることによって、公正で公平な社会の実現を図ろうではないかと提唱されて生まれたのが「新自由主義」です。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

ハー
なーるほど。
もしかしたら、学校で習ったかもしれませんね〜^_^;
でも、経済のことなんて全く興味ありませんでしたから素通りしちゃってるようでした~_~;

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

〉一方、「保守」です。
実は「保守」というものも、西欧でいう保守思想と、日本の保守思想では、その考え方が異なります。

〉いま日々日本の保守層は、急激に増加しつつありますが、そうなると、スパイさんとしては、なんとかその日本の保守の増加増大を防がなければならないわけです。
なんとかして、保守を分断しようと、工作をする。

もしかすると「新自由主義」というレッテル張りも、そういう意図のもとに行われているのかもしれません。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

そんな感じは、ありますね。
安倍総理下ろしに、経済のエキスパートの方々が加担しているような。
これは、保守分断のための嬉しい材料になってると、私も感じます。
消費税上がると嫌だけど、困るけど、それを意見として出すのはいいけど、安倍総理叩きとは別物にしていかないと、日本を侵略したい魔の国々が喜ぶだけではないでしょうか?

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

〉グローバリズムというのは、地球上を一つの共同体とみなして、世界の一体化を進めようという思想です。
最近では、多国籍企業が国境を越えて地球規模で経済活動を展開したりもしていますから、それら企業は、自由貿易や市場原理主義を求める。それがグローバリズムなのだともいわれます。

〉一方でグローバリズムを主張しながら、その反対側では格差是正などということを言い出す。
両者は別々なものにみえますが、実は根っこのところはまったく共通していて、これは国家の否定です。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

なるほど。
ということは、「新自由主義」、「保守」、「グローバリズム」という言葉の意味には、意味の異なる、正反対なものが解釈としてあり、それが対立軸として煽られ、利用されてしまう危険要素であるということなんですね?

(⌒-⌒; )?
OK??

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

〉それによって利益を得るものは誰なのか。
そしてその利益を得るものは、どうやってメディアを動かしているのか。
それを考えれば、日本の今の構図がはっきりと見えてきます。

日本は、日本を取り戻す。
そのために、いつまでも新自由主義だとか、グローバリズムだとかといった妄言を繰り返す者たちを、もはや排除しなければならないところまできているといえるのかもしれません。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

なるほど!
わかりました。。。。
でも、難しいからわかってなさそう^_^;

でもとりあえず、「新自由主義」、「保守」、「グローバリズム」という言葉で保守層の対立軸とする内容のものは、ひとまず参考程度にとどめ、見守っていくことに致します。

ムズカシイ…>_<…
頭疲れちゃった!

さ、ニャンに癒してもらいましょうか。
今日はこの子(^_^)

Image_2

アハハ(^^)

この子、目が寄ってる!

オカシイヽミ ´∀`ミノ<

お鼻つまんでみたらどうなるかな( ̄ー ̄)

今日もお天気で気持ちいいですね(^_^)

素敵な一日をお過ごし下さい✩

2013年10月27日 (日)

小名木善行さんの☆南北朝鮮と同盟を組んだ国はことごとく敗れ去るというお話

Image_3

おはようございます(^-^)
台風が過ぎさって良いお天気になりました。
素敵な一日をお過ごしください。

今日のねずさんのブログは、怖かったです。
紹介の動画、ご覧になりましたか?
モンゴルの方々をあんなに残酷に、殺害されたんですね。
人間があんなこと、できるんですね。
人間はできませんから、人間の皮を被った悪魔!ということなんでしょう。
関わりたくないです。
日本は、こんな残酷な国々に囲まれているのに、よくここまで無事でした。

防人の方々に心から感謝します。

http://nezu621.blog7.fc2.com/?no=2052

〉したがって、無責任を助長するような、たとえば通名なども、絶対に容認すべきことではありません。
民団のような組織があるのなら、在日の犯罪については、団体に連帯責任と損害の賠償を行わせる法律もつくるべきかもしれない。
戦前まであった隣組の復活も必要かもしれない。
死刑や国外追放、公職追放も、強力に押し進める必要があろうとも思います。
国会の議長選挙で不正投票を行った者など、議員の資格なしです。

要するに、責任ある国を目指すためには、無責任な行為を排除する、厳しい秩序の構築も、必要になってきているといえると思います。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

そうだったのですか。。。

納得しました。
コリアと組んで負ける理由は、あの方々が道徳観念をお持ちじゃなくって、アイゴーって逃げちゃうからなんですね。

日本の道徳教育を取り戻したいです。

これって、世界中のブームになります。
日本的道徳を取り戻して、世界を洗脳しちゃうことが、世界を救う唯一の方法です。
がんばらなくっちゃ(^_^)v

Image_2

清く正しく美しく、生きていく誇り高い日本人になれるとイイネ☆彡

2013年10月26日 (土)

小名木善行さんの☆日本版NSCに期待する

✩日本版NSCの開設をと質問に立つ中山恭子先生✩

Image

恭子先生の、この時の国会質問の様子はYouTubeで何回も見ました。
穏やかな、ちょっと頼りなげな感じの声で、実は強力な爆弾発言をされていました。

ただ、日本と外国との正しい誤解されないための文化交流が大切です、くらいにしか私には理解できなかったのですが、その裏にはNSCという機関を創ることの要望意見だったのですね。

あとで、その時の様子をねずブロで読むまでわかりませんでした。

何でも恭子先生は、こういう情報収集、広報活動のエキスパートだとか。
ならば是非、このNSCの責任者となっていただきたいものです。

といっても、中々覚えられそうにないこの英語。
ニュースに出てきても、よくわかりません。
友達にリサーチしてみますが、多分、NECとかNHKとかTPPとかの英語三文字の略が多過ぎて、覚えられませんね。

とりあえず、NSCとは何なのか、ねずさんのお話を読んでみましょう(^_^)v

http://nezu621.blog7.fc2.com/?no=2051

〉要するに、国際社会では、力と情報だけが、世界の様相を変える力を持っています。
正論であれば物事が解決するというほど、世界は甘くありません。
だいいち、正論というこ自体、日本においては「論理的に正しいこと」が正論ですが、そうでない国もあるわけです。
お隣の国なんてのは「施政者にとって都合がいいことが正論、日本からカネをふんだくれることが正論」というお国柄です。
そういう国際社会においてまで、日本の憲法9条がまかり通ると考える方が、そもそもどうかしています。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

そうですね。
世界は腹黒い、国 対 国 の外交では自国の国益しか考えない、ということさえ中々理解できないことでした。
日本の非常識が、世界の常識だなんて、知っている人は少ないでしょうね〜^_^;
だって戦争を放棄していれば、じっと物事を荒げずに我慢してお金渡して援助していれば戦争はおきないんだ!って、ずっと教わってきたのですから。

 

〉ちなみにCIAというのは「Central Intelligence Agency」の略で、直訳すれば「中央情報局」であり、米国大統領の直轄組織です。
そのCIAがどれだけ強力な機関となっているかは、皆様ご存知の通りです。

〉ちなみに米国には、CIAの他にもうひとつ、国家安全保障局(National Security Agency、NSA)という組織があります。
これは、CIAが米国大統領直轄の機構であるのに対し、米国国防総省の直轄の諜報機関です。

おもしろいことに米国という国は、政府が自国民をスパイするのは違法行為として禁止されています。
けれど、他国に対する諜報活動は、それを取り締まる法律はありません。
このため米国NSCは、予算規模がCIAの3倍以上、雇用者数3万人という、とほうもない組織となり、全世界にその諜報網、宣伝網を張り巡らしています。
現実、CIAどころではない、大規模組織なのです。

今国会で、いよいよ日本版NSCが議論され、国会審議を通過すれば、ようやく戦後初めての国家安全保障会議が登場することになります。
これに反対する者は、そもそも国賊です。
なぜなら、世界の国々の中で、そうした機構をまったく持たないのは、日本だけなのです。
しかもその日本には、スパイ防止法さえもありません。

新設の日本版NSCは、立上げ時点では、規模も陣容も米国のNSCやCIA、あるいは中共や韓国の情報組織には比べるべくもない小規模なものでしかないかもしれませんが、対外工作もさりながら、いま、日本を取り戻すために、是非とも、このNSCには、国の内外に向けて、おおいに国威発揚、そして日本人の美意識の普及と周知、そして対外的誹謗中傷に対する情報抗戦を徹底して図っていただきたいものだと思います。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

なるほど。
わかったような気がしてきました!
だから最近、外務省がホームページに尖閣諸島、竹島が自国の領土であるという動画を紹介する気運が高まったんですね。
良かったです(^-^)

http://youtu.be/FjkAWbZ4YBI

水島社長!
安倍総理頑張ってますから、よろしくお願いしますね^_^;

恭子先生が、議題違いというクレームをつけられながらも、発言した結果が、この日本版NSCの設立なのだと認識してくださいね。

そこんとこ一番大事ですから。

恭子先生がそこの最高責任者ですよ。

また、わからんちんが最高責任者になったら機能しないし、危険な機関になる可能性だってあるわけですから。

私でもわかることですから、そこんとこ本当によろしくお願いします。

Image_2

ねずさん、今日もためになるブログをありがとうございました(^-^)

今度、新自由主義とか規制主義とかも、わかりやすく教えて下さい(^-^)/

2013年10月25日 (金)

小名木善行さんの☆秀吉の朝鮮出兵

Image

高千穂の峰とそばの花、宮崎の自然は雄大で素晴らしいですね。
また,私も行ってみたい大好きな場所です。

今日のねずさんのお話は、とても長いです。
だけど、ビックリ仰天過ぎて、あまりに面白過ぎて、一気に読めてしまいました。
確かに、レッテル貼りは卑怯な左翼的手口ですね。
だけど、これが案外効果があるんです。
困ったものですけど、保守同士の諍いにも良く使われているし^_^;
一つずつ、丁寧に、考えていかないといけませんね。
そうしなければ、本当のことは見えてこないし、ドンドン感性が淀んでしまうという負のスパイラルにはまってしまいますからね…>_<…

http://nezu621.blog7.fc2.com/?no=2050

〉そもそも、本当に秀吉は明国を征服する意図があったのでしょうか。
狙いが明国なら、なにも秀吉は朝鮮半島だけで遊んでいる必要などなく、当時の日本の水軍力をもってすれば、いきなり海路、から河川を北上して明の首都である北京に攻め込むことだってできたわけです。
それだけじゃなく、明国兵の朝鮮支援を分断するために、支那の沿岸部を片端から襲撃することだってできたはずです。
けれど、秀吉は、そういうことを全くやっていません。
なぜでしょうか。

〉おおかた、秀吉の朝鮮出兵に関しては、
◆秀吉が耄碌していたために起こした、
◆秀吉の成長主義がひき起した身勝手な野望だった
◆戦いを好む戦国武士団を朝鮮、支那に追い払い殺して数を減らすための戦いだった
などという解説がなされているようです。
なかには上にご紹介した実教出版の教科書のように、単に秀吉の個人的野望による侵略だなどと解説しているものもあります。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

え?
そうじゃなかったんですか?
私はねずさんのブログを読むまでは、秀吉って耄碌した挙げ句、朝鮮出兵した、浮気好きなHなおじいさん! ! ! というイメージが強すぎて、他の事は思い浮かばなくなっていました。

スペインから日本を守ったんですか!(◎_◎;)

宣教師ってスパイって本当ですか?

あービックリしました。
このお話は二度目ですから、だいぶ馴染んではきましたが、まだまだ信じられません。
五回くらいになって、またか〜、という感じになればしめたものです。
だんだん、頭が受け入れてきた証拠ですから。

それにしても、今回のリニューアル秀吉も大作でしたが、ねずさんいつ書くのですかね〜^_^;
毎日、毎日、ですから。
これも、ちょっと信じられないことです。

会が立ち上がった頃、ねずブロは会員が交代で書いているという噂もあったそうですが、もちろん、ねずさん一人で書かれていますね。

今日の感じで、ねずさんが映画とか作ったらどうなるんでしょうか?
かなり、新説満載の面白い映画になると思います。
ねずさんの新刊がベストセラーになれば、映画の脚本、ストーリーとか手掛けることも夢ではないような気がします。

左翼的発想に染まらない、日本が好きになる映画です。
楽しみだな〜\(^o^)/

とりあえず、三谷監督の「清須会議」見に行って来まーす(^-^)/

Image_2

「永遠のゼロ」も楽しみニャン^_^

ああいう愛って本当にあるのか、ずーっと考え続けているニャ^_^;

2013年10月24日 (木)

小名木善行さんの☆カンブリア紀の大爆発

Image
このお写真はhttp://m.blogs.yahoo.co.jp/sharmanqueen/3411948.html
からの引用です。

http://nezu621.blog7.fc2.com/?no=2049

今日のお話は難しいです…>_<…
長いし^_^;
このカンブリア紀の生物の気持ち悪いことといったらないですね。
ゴキブリちゃんに似ていませんか?
ゴキブリは、なんの攻撃をするわけではないのに、見た瞬間に
ギャー( ;´Д`)  とパニック起こすこの感じ。
きっと、この頃のエイリアンの子孫なんじゃないかしら(; ̄O ̄)

〉ダーウィンの進化論は、その後20世紀に入ってから、社会科学に援用され、人類社会も弱い者は淘汰され、強い者だけが生き残るなどといわれました。
その典型的なものが共産主義思想です。
社会のすべては「対立と闘争」によって成り立つという。

〉なので、ダーイウィン型の進化論をとる学者さんたちは、「もし、進化をもう一度やり直したとしたら、同じ結果にはならない。絶滅してしまった生物の方が、もしかしたら今度は生き残るかもしれない。生物がいまのようなカタチになったのは、何らかの偶然のもたらした結果でしかない」と説いています。
要するに、ピカイヤが最終的にカンブリア紀を生き残ったのも、単なる偶然の産物でしかない、というのです。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

悪魔の共産主義って、ダーウィンの進化論からきていたのですか?
その説を唱える学者さんの意見は、テレビで見た討論会番組の、社民党の福島瑞穂さんのように、辻褄が合わない感じに良く似ているように私には思えます。

 

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

〉進化には、もうひとつ、別な説があります。
それが「共生論」です。

「共生論」は、生物は互いに共生することで生き残る、と説きます。
カンブリア紀についていえば、自分だけが生き残ろうとして、甲冑に身を固めた生物や、目を5つも付けた生物は、それぞれが「自分だけ」の生き残りを図ろうとした結果、共生できなくなり、自滅したと見ます。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

ウン!
こちらの説の方が理に叶っているように私には思えます。
なので私は、こちらを選択します(^_^)v

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

〉ただし、ひとつの大きな水槽の中に、アジとサメを一緒に入れておいたら、サメはアジを全部食べてしまい、アジは絶滅してしまいます。
「共生」を国是とするだけに、日本には、多数の外国人がはいってきています。

なかには、一部の不逞な支那朝鮮人のように、まさに「俺が俺が」の弱肉強食を国是とし、みずからの欲望のためには、他の犠牲をなんとも思わないような者たちも、たくさん入り込んできています。
戦前もそうでしたし、戦後も同じです。

私たち日本人は、相手が誰であれ、どこの国の人であれ、誰もが温かく受け入れようとします。
その温かさを逆手にとって、傍若無人な振る舞いをする連中も、当然あらわれるわけです。
そして悪いことには、彼らはまるでもとからの日本人のような顔をして、日本に住み着いています。
それはまるで、悪魔が人間のふりをして、人間社会に入り込むのに似ています。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

これは、とっても困ります‼
毎日のように、残酷で卑劣な事件が起こっていますし。
やはり、自衛のためには、人権守ることを第一として犠牲者を増やすよりも、通り名廃止、犯罪者、及び親族の強制帰国、を支持します。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

〉まるでカンブリア紀の大爆発と同じように、いま世界には様々な国家が誕生しています。
なかには、モンスターやエイリアンのような国さえもあります。
そのなかを蹂躙(じゅうりん)されることなく生き残るために、私たちに何が必要なのか。
ピカイヤは、「共生」というキーワードによって、カンブリア紀を生き延びました。
ただし、食べられて絶滅してしまっては、「共生」どころではないのです。

死滅しないためには、私たちは、日本をしっかりと学ぶ。
そのために私たち自身が、日本という国をしっかりと理解し、日本を護るという固い決意と信念を持つ。
そういうことこそが、これからの時代の日本人に、ますます求められて来ると思います。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

モンスターとエイリアンの国なんて、怖いよ〜〜〜(T_T)

私は、固い信念なんて持てそうにないし。

毎日、のんびりお気楽に猫のように暮らすのに憧れていますし。

とりあえず、ねずブロ読んで勉強だけはしていきます。

今日のお話は、頭疲れすぎました。

なので、この子に癒してもらいます(^_^)

Image_2

みんな仲良く共生するニャン
モンスターやエイリアンは、強制退去ニャン

今日も素敵な一日をお過ごしくださいませ^_−☆

2013年10月23日 (水)

倭塾・日心会合同公開講座開催のお知らせ

Image

靖国神社の神池です。
本殿の裏手にあります。
とっても綺麗なところで、私は大好きです。
ベンチに座りながら神池を眺めてのんびりするのは、最高です!
春は桜、新緑、秋は紅葉、
素敵です(^-^)

倭塾・日心会合同公開講座を行います。

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2048.html#more

今回より、会場を浅草から錦糸町に移します。
場所は錦糸町駅前の丸井のあるビルの9階で、たいへんわかりやすい場所です。
日本を愛し、日本を取り戻す、その起爆剤としての講座です。
ご都合の良い方は、是非、お越し下さい。

お申込は特に要りません。
当日、直接会場にお越しいただければOKです。

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

やっと倭塾の第二期の予定が決まったようで、良かったです。
まだかな、まだかな、と心待ちにしておりました。

第一期の一回目には、中山先生がいらっしゃいましたので、私は緊張してしまいました(⌒-⌒; )

ねずさんの講義は、スライドを使ってのお話なので、目で見て、耳から聞いてなので、とてもわかりやすいです。

眠くなりません。
そこんとこ、かなり重要です。

そして、後から動画も配信していただけるので、再度確認できます。

今回から、日心会正会員、ねずマガ購読者、第一期受講生には動画配信とのことです。

(; ̄ェ ̄)
ということは、私には、三つ配信されるじゃないですか。

ま、いいですけど。

毎月あるようですから、正会員か、ねずマガ購読者になった方がお得ということですね。

当日参加で入会するとして、六回以上参加ならお得ということですね?
しかも、動画つき。

やっぱり主婦は、特典とかがないと気分が乗りません。

日心会第五期を迎えるにあたりまして、ねずさんの本が出版されたり、ねずさん講座が開講されたりと、やっと軌道に乗ってきました。
良かった、良かった(^-^)

ゆるゆる保守を受け入れてくれる会ですから、束縛とかなくって楽チンです。
自由ですし、大人の会ですから、気楽(^_-)

初心者保守でも大丈夫。
ねずブロで感動して、もっと感動したいという方は、是非ご参加くださいね☆
日心会は、そのような裾野を広げる目的の会ですから。

お待ちしております(^O^)

Image_2

来てニャン(^_-)

2013年10月22日 (火)

小名木善行さんの☆日本にすっかり恋焦がれてしまった外国人

Photo_2

http://nezu621.blog7.fc2.com/

 

〉日心会のMLからの転載です。
この記事は、日心会のTさんがFB仲間のKさんから転載してご紹介下さったものなのですが、もとのブログは「ロンドン工夫しながら豊かな生活」というブログサイトからのものです。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

最近、日心会のmlが賑やかになってきました。
新しい方も増えて、情報を提供してくださいますので、ありがたいことです。
また、楽しい輪が広がっていきますように*\(^o^)/*

昨夜、ネットから二つビックリするようなものを見つけちゃいました。

一つは、
「小名木善行の画像  2410件」というサイトが、いつのまにかアップされていたことです。
これっていったい?

http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E5%B0%8F%E5%90%8D%E6%9C%A8%E5%96%84%E8%A1%8C

ブロガーで、こんな事ってありますか?
まるで有名人みたいじゃないですか^_^;
フライデーされちゃうってことでしょうか?
ねずさん、ご用心してください(^o^)/

もう一つはこれです。

http://whotalking.com/%E5%B0%8F%E5%90%8D%E6%9C%A8

やっぱり、まえまえから薄々感じていたのですが、中山先生ってもしかしたら応援する会のメンバーの一人かしら?

\(^o^)/       わーい        嬉しいな〜〜ー

嬉しいので、この曲をプレゼントさせていただきます^_−☆

http://www.youtube.com/watch?v=d57EaOGXBmU

この歌って映画からだったのですね。

知りませんでした。。。。。

台風が近づいてきております。

お気をつけてお過ごしくださいませ(^-^)

2013年10月21日 (月)

小名木善行さんの☆和菓子のお話

Image_6

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2046.html

さて、おしまいに、近年のお話をします。

平成14(2002)年のことです。

参議院議員の中山恭子先生が、拉致被害者の救出に北朝鮮に行かれました。

恭子先生は手みやげにと、ハンドバックの中に、横田早紀江さん(拉致被害者横田めぐみさんの母)が書いた「めぐみ」という本に加えて、二段重ねのお重に入れた和菓子を持参されました。

北朝鮮に到着した恭子先生は、被害者のみなさんをお待ちするために空港の待ち合いの、ずいぶんと広い部屋に通されました。

そこには、北朝鮮の警護員たちが、ずらりと立ち並んでいます。

警護員といえば聞こえはいいですが、要するに北朝鮮の秘密警察の、もっとひらたくいえば殺し屋さんたちです。

場は、一触即発のような張りつめた空気がピンと漂っています。

どうみても、歓迎ムードとはほど遠い。 いまにも銃撃戦が始まりそうな雰囲気と言ったら、その雰囲気がおわかりいただけるでしょうか。

そこで恭子先生、いつものあのおっとりとした様子で、持参した和菓子のお重の風呂敷包みを解いたのだそうです。

「何を持ち出すのか!」 あたりに緊張がはしります。

するとその風呂敷包みから、漆塗りの黒い重箱が現れる。

「すわっ、拳銃を取り出すのか!」と、あたりには、ますます緊張が走ります。

恭子先生がそっとフタを開けます。

するとそこには、いかにもおいしそうな和菓子のきれいな生菓子が。。。

先生は、その和菓子を、警護員の人たちに、「どうぞ」とお勧めしました。

はじめは警戒していた警護員さんたちだったのですが、恭子先生の悪意のない素直な笑顔に誘われて、まずリーダー格の人が、ひとつをつまんで口に入れました。

なにせ、日本の名店の和菓子です。見た目も美しければ、味も超一流です。 甘いおいしさが、そのリーダーさんのお口いっぱいにひろがったことでしょう。

いかつい北の警護員リーダーさんの目に、いかにも嬉しそうな、えもいわれぬ表情が浮かび上がります。

そのあとは・・・ご想像におまかせします。

恭子先生は、無事拉致被害者を救出し、日本に帰られました。

その恭子先生のもとに、北朝鮮の方がやってこられたそうです。

彼らは言いました。

「二度と和菓子を持ってこないでください!」

訓練を受けた北の警護員たちをさえ、その頑(かたくな)な心を一瞬で溶かしてしまった和菓子。

和菓子には、そんな不思議さがあります。

そういえば、和菓子に合うのはやっぱり緑茶ですね。

なんとなく不思議に思うのですが、ケーキやカステラなどの洋菓子は、テレビを観ながら食べても美味しいけれど、和菓子はテレビがついていると、なんとなくせっかくの和菓子の味がもったいないような気がします。

和菓子の味の持つ繊細さや見目の美しさは、テレビを見ながらではない、なにかしらの「味わい」があるからなのかもしれません。

それにしても、見目うるわしく繊細で、食べておいしく、季節感さえもある日本の職人芸の和菓子。

たまには、しぶ~いお茶で、おいしい和菓子など、おひとついかが?

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

今日のねずブロを読まれた方は、三時のおやつは絶対和菓子!って決められたのではありませんか?

私は栗蒸し羊羹が食べたいです(@ ̄ρ ̄@)

ねずさんって、きっと大の甘党に違いないと思います。

縄文時代からクッキーがあって、しかも美味しかったなんて。

なんだか、嬉しくなりますね。 日本って素敵です^_−☆

2013年10月20日 (日)

小名木善行さんの☆中山恭子先生の凄味(リニューアル版)

Image_5

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1913.html


〉西村眞悟先生が、昨年7月に宮崎で講演されたとき、以下のお話がありました。

平成14年当時のお話です。

=======

拉致被害者救出運動の中で、内閣参与として中山恭子先生がおられた。 皆さんに申し上げておきますが、今5名の拉致被害者とその家族は日本におりますが、彼らが帰ってきた平成14年10月に於いて、日本国政府は、彼らを一週間で北朝鮮に送り帰すと本気で思っておったんです。

拉致議連の我々も、もっと暴れねばならなかったけれども、外務省の特命拉致担当大使とやらが、北朝鮮と約束したことですから、送り帰さなければなりませんと言っておりました。 その時、政府側でただ一人、細い女性の声で、拉致被害者を北朝鮮には帰さないという方針で私はいきますと言われたのが、中山恭子先生でありました。

そして後で聞きましたら、政府内で孤立無援の中で、国家のために送り帰してはならないという論陣を張られて、安倍晋三内閣副官房長官もそれに同調して行ったというのが真実であります。

〉実は、中山恭子先生は、この拉致被害者の問題があった事件の前、ウズベキスタンでもやはり拉致被害者を取り返しています。

中山恭子先生がウズベキの特命全権大使として就任されたのは、平成11(1999)年7月のことです。 ところがその直後の8月23日に、隣国キルギスの南西部オシェ州で日本人の鉱山技師4人を含む7人がウズベキスタンの反政府武装ゲリラにグループに拉致されたのです。

そして筋道をたてて武装ゲリラを説得し、なんと拉致された被害者全員を、まるで無傷でカザフから連れて帰って来られたのです。

おそらく、こんなことをやってのけた女性というのは、人類史上はじめてのことではないでしょうか。

〉ところがこのお話にも、まだすごいオチがついていて、カザフから拉致被害者を連れ帰るときのことなのですが、なんと、拉致した武装ゲリラの人たちが、中山恭子先生以下を厳重に護衛して、ウズベクまで送り届けてくださったのです。

そして彼らは、中山恭子先生との別れを惜しんで涙を流し、笑顔で別れた。

中山恭子先生は、武装してゲリラのところに乗り込んだのではないです。 女の身で、丸腰で、ただ本気で拉致被害者を取り返したいという思いだけで乗り込まれました。

そしてなんと、ゲリラたちまでをも、すっかり恭子先生の虜にしてしまったのです。

これこそが日本的、人間力の凄味なのではないでしょうか。

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

 

このタリバンとの交渉は、世界で初の快挙でした。

イスラム教というのは、日本人の価値観と全く違うので、女性は所有物みたいなもので凄く蔑視されるような存在だそうです。

それを、なんの後ろ盾もなく、日本人を助けるのが大使としての使命であるという不屈の信念で行動された恭子先生を、中山先生は励まされ、決死の覚悟で交渉に向かわれた恭子先生。

凄いですね。

私には想像もつきませんが、訓練を受けた兵士ですら、ちびっちゃうほど怖いことなんですって!

恭子先生の講演会では、その時の情景を

「その方とはおしんのお話とか、日本の文化のお話をしました。

とても、お髭が立派でハンサムな方なので、その事をお伝えしましたら、私の母は村一番の美人さんでしたから。わははは(^○^)  と仰っておりました」

と楽しそうに、おしとやかにお話し下さいました。

私はびっくり!(◎_◎;)

すんごい度胸!

タリバン?   アルカイーダ?  私には区別つきませんが、そこの一番偉い方との交渉、いえお願いの対談ですから。

しかも、周りは屈強な機関銃みたいなのを持った兵士が取り囲んでいるんですからね^^;

元自衛隊幹部の方のお話では、タリバンと交渉した日本人女性として 海外のCIA?とかの職員の方から

「キョウコ、ナカヤマ知ってるか?

是非、紹介してくれ〜〜」

と大人気なんですって(*^_^*)

世界で唯一、タリバンと交渉した凄い方が恭子先生なのです。

こういう日本人として自慢できるお話をマスコミは、もっと沢山して欲しいし、学校で子供たちに教えていただきたいです。

http://www.youtube.com/watch?v=00lu_eI9Am0

「異国の丘」恭子先生にぴったりです\(^o^)/


2013年10月19日 (土)

小名木善行さんの☆歴史教科書の大罪

Image

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2047.html

ニャンですって!!!!!
(;゜0゜)
教科書がマスコミみたいになってたなんて、
教科書までが!!!!
噂では、教科書が変だって聞いていたのですが、ここまで酷いとは知りませんでした(T_T)
悲しいです。

〉一昨日、第三期の日本史検定講座の、第一回の教室講座があり、藤岡信勝先生に講義をしていただきました。
テーマは「歴史教科書6つの大罪―教科書問題入門」です。
教室には、中山成彬先生もお見えになり、熱心に受講されていました。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

私も参加したかったな〜
だけどお仕事だったので行かれなかったんです。
藤岡先生って、とってもカワイイ先生なんですよね〜。
笑顔がとっても優しくって。
私の大学の時の先生に、とっても似てらして、思わず文明堂のクマさんダンスしてもらいたくなっちゃいます。
あの頃の女子大生って、ゼミ合宿で、
「先生も一緒に、三時のおやつは文明堂、って踊りましょう\(^o^)/」ってなことやってました。

http://www.youtube.com/watch?v=fMI5NYmpBTA

あれ?
中山先生も、ねずさんも、クマさん似じゃありませんか?
あれ?
日本史検定の先生方、似てます。
みんなで、踊ってもらいたくなっちゃった( ̄▽ ̄)

=======

藤岡先生の講義から、すこしだけご紹介しますと、教育出版の中学生歴史教科書です。

「むらの指導者は、人々を指揮して水を引き、田をつくり、むらの祭りを行ううちに」
ここまでの記述は普通です。

「人々を支配するようになりました。」
えっ? 祭りのときって、たいてい町内の氏子総代(うじこそうだい)さんが祭りの面倒見役になるけれど、総代さんって、町の支配者なの?!

「やがてそのなかには、むらの財産を自分のものにし、」
ええっ! 祭りの総代さんって、よその家の財産を自分のものにしちゃう泥棒?!

「戦いで周りのむらを従えて、」
ということは、阿波踊りや、花笠音頭を踊っている人たちは、踊りでまわりの市町村を従えちゃう人たち?!

もうまるで意味不明です。

中学校の歴史教科書でシェア55%の大御所である東京書籍の教科書では、日本における文明のおこりとして、次の記載があります。
「はじめは、人々から選ばれて、戦争や祭り、用水路の工事などを指揮していた人が、しだいに人々を支配して税を取るようになり、支配する(王や貴族)と、支配される(農民や奴隷)との区別ができました。」

うーん・・・これが文明の起こりですか?
土建屋の大将が、大工さんや土方たちに給料を払うんじゃなくて、給料を払い込ませるようになるわけ??
そこでできあがった、堤防や用水路や農地などは、支配者のためのものなの??
ということは、たとえばいまの農家が所有している田畑は、その農家のものではなくて、近所の土建屋さんのもの??
土建屋さんは、泥棒さん?
それが文明のおこり?
じゃ、そもそも文明の定義ってなに?

私などは、もうさっぱり意味がわかりません。

そして同じく東京書籍の教科書の最後の記述。
「グローバル化の中で、「持続可能な社会」を築くうえで、わたしたちは日本国民としての意識だけでなく、地球に生きる人間(地球市民)としての意識を持つことが求められています。」

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

ナニコレ~(・・?))
酷い!
最低!
信じられない!
でも、中山先生が参加されてましたから、何とかして下さいますね。

これで安心\(^o^)/
日本から、こういう教科書は消えてなくなること間違いなしです!

中山先生、藤岡先生、ねずさん、最強のチームじゃありませんか^ - ^

また中山先生が神発言を国会でしてくださいますね。
後ろで、あの方が張り付かないといいのですが。

こんな素敵なチームで、日本を良くすることに貢献して下さった
つくる会の日本史検定講座って素晴らしいですね。

保守が内部分裂したり、攻撃しあって、細分化されるなんてナンセンスです。

ねずさんの発案が,藤岡先生のお陰で日本史検定講座が生まれ
たくさんの先生方が集い、そこに中山先生までがご参加下さった。
男の熱い友情を感じます!!

素晴らしいですね〜*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

保守同士の団結、接着剤になることを目的として日心会、ねずさんの活動はあります。  保守多神教ですから、いつでもニコニコの笑顔です。

今日も、良い気分になれましたから顔晴りたいと思います。
皆様も、素敵な週末をお過ごしくださいませ。

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

2013年10月18日 (金)

小名木善行さんの☆マレーの戦いと御神輿

Image

おはようございます(^-^)/
街を歩けば、ハロウィンカラーになってて楽しいですね。
☆みんなカワイイ☆

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2043.html

〉大東亜戦争の緒戦で、山下奉文(やましたともゆき)陸軍大将率いる日本陸軍第25軍は、昭和16年12月8日のマレー半島上陸から、わずか55日でマレー半島のイギリス軍を降伏させました。

このときの第25軍のすごいのは、日本が開戦に踏み切ると、まさに英国軍が「手ぐすね引いて待ち構えている」ところに、上陸し、次々と敵を撃破して進撃したことです。

なにせ、一国をわずか2ヶ月弱で、完全撃破したのです。
これはたいへんな出来事です。

もっというなら、戦いの進撃そのものの、ありえない凄さでした。
マレー半島を支配していた英国は、橋を爆破しながら撤退していたのです。

う〜ん~_~;
いつも思いますが、この時代の日本軍がこんなに強かったって、どれだけの人が知っているのだろうか。
少なくても私は、ねずブロを読むまで知りませんでした。
読んでも最初はなかなか信じられずにいました。
だって、弱かったから負けたんだし、たくさんの民間人が焼き殺されたんじゃないの、って思っていましたから。
いろんな場面での日本軍のお話を読んでるうちに、やっと日本軍は強かったというイメージに転換できました。
しかも、眠くならずに読めるねずさんのブログだからこそ、理解できたと思いますよ^_^

〉英国軍が破壊した橋は、250本にのぼります。
橋の修理をしていたら、進撃に間に合いません。
けれど橋がなければ、大きな大砲は運べないし、トラックや戦車も、川を渡れません。
食料を含む軍事物資だって運ぶのに困難を極めます。
橋の爆破は、撤退する英国軍にとって、日本軍の進撃を遅らせる究極の方法でもあったわけです。

ところが山下大将以下の第25軍は、難なくその問題を解決してしまいました。
どうやったのでしょうか。

なんと「御神輿担ぎ」をしたのです。
材木を担いだ工兵隊が川に浸かり、御神輿を担ぐ要領で、材木を担いで橋を架け、その上を兵士や自転車、戦トラックや戦車までが通ったのです。

これって、凄いアイデアですね〜〜
まさか、川に浸かって材木担いで橋にしてしまうなんて。
英国軍は、びっくりしたことでしょうね。

〉ところが、英国軍の集中砲火がものすごくて動けない。
25軍は、ありったけの火力で応戦するのだけど、15日には、日本側の砲弾がついに底をついてしまいます。

そして弾のなくなった25軍が、次にどうしようかと攻めあぐねていると、連合国側から、白旗があがって降伏の使者が到着したわけです。
水源が破壊され、給水が停止したことが、降参の最大の理由だったそうです。

えっ!(◎_◎;)
水がないから降伏?
信じられませんね。
そんな事、ありなんでしょうか。
日本軍が残虐非道だったら、降伏も恐ろしくってできませんから、やはり日本軍は規律正しい国際条約をしっかり守る軍隊の証明になりますね。
これがチャイナだったら(−_−;)
目を繰り出されて、手足バラバラにされて・・・
ロシア軍だったら、シベリア送りの強制重労働で餓死させられちゃうし。
世界は怖いですね。

〉この戦いのあと、キッティマ高地にあるフォード自動車工場で、山下閣下が目をむいてパーシヴァル中将に「イエスかノーか!」と迫ったというのは有名な話なのだけれど、実はこれ、当時のマスコミの創作です。
実際には、この言葉の相手は、パーシヴァル中将ではなく、台湾人の通訳に対して言った言葉です。

〉山下大将は、戦後、戦犯としてフィリピンのマニラにて軍事裁判にかけられ、死刑になりました。
山下大将への求刑は、彼の部隊がフィリピンのマニラで、現地のフィリピン人10万人を虐殺したというものです。

〉当時、マニラ市内には約70万人の市民が残っていたのです。
そして米英は、市街地が灰燼に化すまで、徹底した砲撃を、海と空から加えています。
その結果、多くの市民が巻き添えになった可能性は十分あります。
そして亡くなったとされるフィリピン人10万人は、なんのことはない、マニラの戦いを通じてのフィリピンの一般市民の犠牲者の数と同数なのです。

つまりこの裁判は、米英が行ったマニラ市街の完全破壊による一般市民の犠牲者への責任を、まるごと山下大将に転化した裁判だったわけです。とんだ茶番です。

こういう捏造は、今でもよくありますから。
マスコミ、左翼系、左翼的教育の染み付いた自称保守の方がよく使うようです。
福島瑞穂さんの討論会なんて見ていると、話し合いにならないことがよくわかります。
あーいえばこういう。面倒なので無視しちゃいます。
相手にすると時間が無駄だしイライラします。

〉日本が違うのは、民衆こそ大事とする、まるで神様のような上司が、存在したことです。
しかも軍人として鍛え上げられ、あらゆる苦難が襲っても、堂々と誠意を尽くし動じない。
軍は、民を守るためのものという明確な信念がそこにあり、部下となった人たちも、その大将の信念をまるほと我が信念として、戦いに殉じようとします。

なぜ日本には、そのような軍ができたのでしょう。
なぜ日本には、山下閣下のようなすごい人物がいたのでしょう。

こたえは、マレー攻略のときの追撃にあります。
御神輿です。
御神輿に乗った神様は、庶民がみんなで担ぎます。
おもしろいもので、武家は、お祭りでも御神輿は担ぎません。
古来、見ているだけです。
御神輿は、庶民が担ぎました。
祭りは、権力者のものでなく、民衆のものでした。

諸外国では違います。
輿に乗った人が命令し、輿を担がせます。

日本では、御神輿に乗っているのは神様であり、神様は何もお語りになりません。

みんなの総意で、御神輿を担ぎます。
その違いです。

日本人であること。
それだけで、世界ではステータスなのです。

う〜ん。
この日本軍の強さを、御神輿を担ぐことの精神に結びつけるねずさんは、凄い。

参考文献は?
とか、どこからの引用ですか?
とか、バカバカしいです。
こういう事実があって、こう考えた、
に引用なんてありません。
理論的にみたら、私の意見はこうなります。

ということが、とても大切だし
それを教えてくれるねずブロだから面白いんだと思います。

御神輿 = 日本軍の強さ

びっくりだけど納得しました\(^o^)/

いつも応援クリックありがとうございます(^-^)/    嬉しいです^_−☆

*ねずさんは、毎朝ブログアップ後にさらに素晴らしい仕上がりにするために書き直されていますね。 今、読み直したら、私がコピーした時よりももっとわかりやすいです。 どこが違うかわかりますか^_^?

2013年10月17日 (木)

小名木善行さんの☆日韓米関係

Image

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2042.html

おはようございます(^-^)/
今日のねずブロのタイトルを見て、ギャ(;゜0゜)!!!  と一瞬アレルギーを起こしかけました。

昨日のタイトルは、いかにもロマンチックな感じがあり、面白そう、泣けるお話ね、と頭が受け入れ体制になります。

でも、今日みたいなタイトルだと、何やら難しそうで頭は拒否の体制になります。
(多分、私だけでしょうが^_^;)

だけど、いつものように、ねずさんのお話はとてもわかりやすいので、今日もちょっとは賢くなれたかもしれません(^ν^)ニマッ

さて、感じたところを抜き出しました。

〉支那の漁民による違法操業漁船は1万隻に迫る勢いで、韓国漁船の領海内の安全な通行さえ満足にできる状況になく、韓国による支那漁船の取り締まり件数も、07年の70件から毎年増加し、11年には171件に達しているのだとか。

原因となっているのは、支那の海洋汚染です。
もともと支那の渤海が有数の漁場だったものが、沿岸地域の工業化によって、そこはいまでは「ヘドロの海」です。
自分たちの漁場では魚が獲れないからと、他国の領海にまで足を伸ばす身勝手さは、いかにも支那人らしい個性といえようかと思います。

ヤメテヨ!!
図々しいことは。
自分の国の海や川はちゃんと綺麗にして。
日本で水資源のある土地買い占めてることだって、我が国固有の領土の尖閣の資源とかかってに掘ってるし盗んでることだって、ちゃんと知ってるわよ( ̄Д ̄)ノ

〉韓国は、日本に対して露骨な嫌日を宣伝していますが、それは要するに「日本などなくても、中共と密月関係があるから大丈夫」という発想でしかありません。
ところがその支那との関係さえ、いまやこじれようとしているわけです。

え?
韓国って、そんな風に思っているんですか?
びっくり(´・_・`)
嘘でしょう。
だって、何千年も、だったかな?チャイナに奴隷国として蹂躙されて、貧乏だったんでしたよね?
自国の歴史は正しく学ばないと同じ過ち繰り返して、国は滅びますから、ちゃんとお勉強なさった方がいいかと思いますよ。
余計なお世話で申し訳ございません^_^;

〉安倍内閣が国防に対してまじめに取り組むとなったら、話が逆転するのです。
日本が経済力を高める。
そして本腰を入れて、国防計画を見直す。
すると、米国との関係はより緊密となり、軍事需要が拡大する。
本当は日本は、自前でイージス艦であれ、戦闘機であれ、世界一の兵器を開発できる能力があるのです。
私も、それが望みです。

けれど、それが米国の兵器の購入に向かうと、米国の景気はまたたく間に向上するわけです。
つまり、米国は本腰を入れて日本に協力するようになるわけです。

日本がその気になった時、日本の持つ兵器の購買力は、韓国の比ではありません。
米国にとっては、世界最大のビジネスパートナー、世界最大の顧客が誕生するのです。

そして日本が軍事力を増強させることによって、日米軍事同盟は、かつての日英同盟同様、世界最強のビジネスタッグとなります。

すでに韓国は、世界から見捨てられようとしています。
早晩、韓国は国家デフォルトし、韓国政権は崩壊して、新たな国家の誕生にいたることでしょう。
中共も、共産党政権は、近い将来に崩壊し、新たな国家が建設されることでしょう。

そうなんですか?
安倍さんが総理大臣になったので、米韓、日米の関係が変わってしまったのですか!
へー、知らなかった!

ねずさんの解説は、池上彰さんよりわかりやすいです。
また是非、こういう時事問題もブログで取り上げて下さいませ。
そうしないと、アンチ安倍保守一神教の方々が、反日勢力の方々と手を組んで、安倍総理叩きしちゃいそうですから(>人<;)

〉世界は、すでに別な新しい未来に向けて、動き出しています。

その核心を握っているのが、日本です。
新しい未来は、すでに始まっています。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
そうですか〜
新しい未来ははじまっていますか。
なら、安心して今日も一日頑張れますね。
あー良かった!

*ねずさんは、毎朝ブログアップ後にさらに素晴らしい仕上がりにするために書き直されていますね。 今、読み直したら、私がコピーした時よりももっとわかりやすいです。 どこが違うかわかりますか^_^?

書店さんでのご注文情報はコチラ

2013年10月16日 (水)

小名木善行さんの☆パラオの恋/芸者久松の玉砕


人気ブログランキングへ

Image

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2041.html

今朝は、凄い台風。
お仕事に行かれる方、ご苦労さまです。
無事に会社に着かれますことをお祈りいたします^_^

さて、私は朝からねずブロ読んで感動に浸っております。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
こんな感じです。

残酷で悲惨な戦争のさなかであっても、愛が貫かれるということは
心があたたかくなるから不思議なものです。

私が、感動したところを抜き出しました。

〉けれどそんな壕内では、不思議と明るい笑い声があふれていたそうです。
とかく映画などでは、こうした状況の壕内を、ただ暗く、兵隊さんたちのうめき声ばかりがあふれていたように描くものが多いのですが、辛いときであればあるほど、互いが互いを思いやり、やさしくなって笑顔があふれるのが、日本人の特徴です。
煤と埃と泥に汚れ、何日も風呂にはいっていない汚れた体に重傷を負っていましたが、みんな笑顔でいました。

そんな兵隊さんたちの中で、久松は献身的にみんなのために尽くしました。
ときに看護婦となり、ときに洗濯婦となり、久松の笑顔もまた、みんなの希望でした。
そんな久松に、兵隊さんたちはおもしろがって銃の扱い方や撃ち方を教えてくれました。
久松も軍服を着ていましたが、小柄な久松の軍服はブカブカです。
軍靴もサイズがあわず、ですから久松は地下足袋をはいて、その上から軍靴をはいていました。
そんな小柄な久松が銃を持つと、まるで銃が歩いているみたいです。
「けどね、久松ちゃんはこんなもの撃たなくたっていいんだよ。俺たちが最後まで久ちゃんを守るんだから」

辛いときほど、日本人は優しく明るくなれるって本当かしら?
ねずさんのブログでは、いつだってそう書かれていますが。
だから、もしかしたら、どんなに辛くっても乗り越えることができるDNAがあったりして^_^って嬉しくなります。

〉米兵が残酷だといっているのではありません。
そうではなくて、彼らは「勇敢に挑んで来た者に対しては、たとえ仲間が何人殺されようと、その相手を讃え敬意を表するるが、ただ逃げて戦おうとしない者に対しては、どこまでも残忍になる」ということを申し上げたいのです。

このことは、何も米兵に限ったことではありません。
世界中、どこの国においても、それがあたりまえの常識である、ということを、私たちは教訓として学ぶ必要があると思います。
他国に馬鹿にされ、領土領海を蹂躙されたり、事実を捏造されても、ただひたすら「ごめんなさい」と謝ることが良いとされているのは、実は、日本人くらいなものです。
侵略されたり、蹂躙されたら、徹底的に戦う。
そこではじめて、世界の人々は、その国やその国民、その個人を尊敬するのです。

日本は、これまでの外交方針を、一変させなければなりません。
そのことを芸者久松は、笑いながら私たちに語りかけてくれているような気がします。

久松さんは、こんなにお若かったのにたいしたものです。
日本のジャンヌダルクとして、もっともっと語り伝えなくてはいけませんね。
しかも、日本の外交に関しても、ちゃんとヒントを与えてくださっているのですね。
政治家の先生、外交官の方々、よろしくお願い致しますm(_ _)m

〉実は、この物語は、今年6月に出版された新井恵美子さんの「「パラオの恋/芸者久松の玉砕」という本をもとに書かせていただきました。

〉米軍のなかでもたいへんに尊敬されたという芸者・久松の名は、歴史の中に埋もれてしまいそうになっていました。
ところがその芸者・久松について、新井恵美子さんが、まる5年越で調査を重ねられ、ようやく出版にいたったのが、この「パラオの恋」だったわけです。

新井恵美子先生、こんな素晴らしいお話しを五年もかけて調査して下さいましてありがとうございました。
これからもたくさんの方に読んでいただいて、久松さんの愛が永遠に光り輝き続けますように。

書店さんでのご注文情報はコチラ

2013年10月15日 (火)

小名木善行さんの☆軍神杉本五郎中佐

Image

http://nezu621.blog7.fc2.com/?no=2040


人気ブログランキングへ

〉手榴弾を浴び倒れたが、軍刀を杖としてまた立ち上がると再び号令をかけ、倒れる事なく遥か東方、皇居の方角に正対、挙手敬礼をして立ったまま絶命した。

立ったまま絶命された方がいます。
杉本五郎といいます。
帝国陸軍中佐です。
昭和12(1937)年9月のできごとです。

〉==========
【緒言】
私の子、孫たちに、根本とすべき大道を直接指導する。
名利など、なにするものぞ。
地位が、なんだというのか。
断じて名聞名利のやからとなるな。

武士道は、我が身を犠牲にする心(義)より大きなものはない。
その義の、もっとも大事なものは、君臣の道である。
出処進退のすべては、もっとも大きな大義(君臣の道)を根本としなさい。

大義を胸に抱かないなら、我が子、我が孫と名乗ることを許さない。
たとえ貧乏のどん底暮らしとなったとしても、ただひとえに大義を根幹とする心こそが、私の子孫の根底である。

〉第二義

天皇の大御心に然うように、「自分」を捨て去って行動することが、日本人の道徳というものです。
では、天皇の御意志・大御心とはどういうものなのでしょうか。
その答えは、御歴代皇祖皇宗の御詔勅にあります。

その詔勅のすべてが、大御心の発露となっています。
わけても明治天皇の教育勅語は、最も明白に示された大御心の代表的なるものと拝します。
いいかえると、天皇の御意志は、教育勅語に直接明確に示されている。

ですから私たちは、教育勅語の御精神に合うように「自分」を捨てて行動すること。
それが、日本人の道徳観です。

その教育勅語の根本にある精神は、個人の道徳観の完成にあるのではありません。
天壌無窮の皇運扶翼にあります。

天皇の御守護のために、老若男女、貴賤貧富にかかわらず、ひとしく馳せ参じ、死ぬことさえもいとわないこと、これが日本人の道徳の完成した姿です。
つまりそれは、天皇の御為めに死ぬことです。

このことを言い換えると、天皇の御前に、「自分」とか「自己」とか「私」とかは「無い」という自覚です。
何も無いということは、億兆とその心は一体であるということです(「無」なるが故に億兆は一体なり)。

私たちは、天皇と同心一体であることによって、私たちの日々の生活行為は、ことごとく皇作、皇業となります。これが、日本人の道徳生活です。

つまり、日本人の道徳生活必須先決の条件は、「自分というものを捨て去ること」、すなわち、「無」なりの自覚に到達することです。

   今日のねずブロは、ちょっと長かったけれど何とか無事に読み終えました(*^o^*)
まぁ、何とも素晴らしい軍人さんです。
お写真を拝見しますと、とても優しそうな、トレンディドラマに登場されそうなハンサムで素敵な方ですね。
見かけは、今の若者と対して変わらないのに価値観はまったく違います。
だから、自虐史観に浸ってきた私には、その思いがなかなかわかりません。
ですが、今日のねずブロ読んでちょっとだけわかりました。

日本人が恥ずかしがり屋なわけも。

私は到底、無の境地になんて到れないし、すぐに挫けるダメ人間ですが、
こういう軍人さんの思いを日々忘れず、
どういうことなんだろうか、と考え続けていくだけでご勘弁していただくことにします。

そろそろ、靖国の銀杏並木は綺麗な紅葉になる頃でしょうね。

また、伺うことにいたします。

はぁ〜、今朝も勉強になりました。
ねずさん、ありがとうございました(^-^)/

http://www.hanmoto.com/jpokinkan/pages/access_ranking.html

ねずさんのまだ未発売の本が、新刊アクセスランキングで浅田真央ちゃんの次の2位になりました。
これもひとえに、ねずさんを応援されてくださる皆様のお陰ですね(≧∇≦)
ありがとうございます(^-^)/
ベストセラーになって欲しいですね*\(^o^)/*


人気ブログランキングへ

2013年10月14日 (月)

小名木善行さんの☆話を聞く人、聞かない人


人気ブログランキングへ

子供たちの、素晴らしい笑顔のお写真がありましたが、マナー違反というご指摘をいただきましたので とても残念ですが削除致しました。 難しいんですね(T_T)

nezu621.blog7.fc2.com/?no=2037


ふぅ^_^;



ブログって初めてですから、写真貼るのもアドレスをクリックできるように貼るのも、ランキング貼るのも時間かかっていっぺんにするのは無理ですね。

ですから、のんびり完成させますのでよろしくお願い致します(⌒-⌒; )

今日のこのお写真みんな良い笑顔してますね〜
しかも、こんなたくさんの子供、今では学校とかじゃないといないですね。
何だか懐かしいような、羨ましい気がします。



ねずさんが、何かを説明しようとする時、笑顔についてからされることが度々あります。
従軍慰安婦、南京大虐殺、の時の講演でも、笑顔のお写真から説明されていましたが、動画見ていて納得しちゃいました。

小難しい講義されたら眠くなっちゃいますが、写真の一目瞭然なお話だと良くわかって最期まで起きてられますね。


こんな笑顔を取り戻したいです。
というより、今からすぐに笑いましょうか。 ヾ(@⌒ー⌒@)ノ


http://youtu.be/6sEegcHVVvA


人気ブログランキングへ

2013年10月13日 (日)

小名木善行さんの☆八重の桜と什の掟

Image_3


人気ブログランキングへ

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2038.html

教育改革といえば、思い出すのが
中山成彬先生と伊藤礼子先生です。
伊藤先生は、日教組の悪巧みといろいろ戦って
下さいました。
そこで、当時、文部大臣だった中山先生が、
現地調査の元、改革をされて下さいました。
あの時、何にもわからなかった私は、中山先生の
発言の意味もさっばりわかりませんでした。
だけど、小名木善行さんのブログを読み始めて
やっと最近理解可能になってきました。
ねずブロって、本当にありがたい存在ですね(^_^)


人気ブログランキングへ

2013年10月12日 (土)

小名木善行さんの☆「ススキとセイタカアワダチソウのお話」

Image_4
人気ブログランキングへ

秋になってススキを見ると
小名木善行さんのブログの
「ススキとセイタカアワダチソウのお話」
を思い出します。

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1353.html

日本のススキ頑張れ〜、と声援おくったりしています^_^

金木犀も良い香りです。
そんな時、思い出すのは

http://youtu.be/rzM3i_QpvBA

ですね。

人気ブログランキングへ

小名木善行(ねず)さんの本が出ます♪

ねずさんの本、「ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!」が、Amazonで「予約」できるようになりました。
20131004_1
この『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』は、ねずさんのブログの記事の中から、特に好評だった、日本の良い話、感動する話を20話、厳選したものなのだそうです。
日本という国は、とてつもなく素晴らしい国だということが、この本を読むと、よく分かります。
衆議院議員であり、元文部科学大臣の中山成彬先生から次のような推薦文を頂いています。
「日本人に生まれて
 本当によかったと
 思える本です」
かなりインパクトのあるカバーデザインは、人気作品などを装丁している小室造本意匠室様によるものです。
実は「日本という国は、とてつもなく素晴らしい国だということ」が、この本を読むと、よく分かります。
ご予約の方法ですが、現時点では2つあります。
────────────
1 書店さんでご予約いただく場合
────────────
以下の内容を書店さんにお伝えください。
書 名:ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!
著 者:小名木善行
出版社:彩雲出版
価 格:1,470円
発売日:2013/11/10(予定)
書店さん向けの近刊案内は、↓にあります。
一度クリックしてご確認いただくとよいかと思います。
────────────
2 Amazonでご予約いただく場合
────────────
↓以下のリンクをクリックしてご予約いただくことができます。
出版社さんには、お客様からのご予約による注文が続々とはいっているそうですので、お早めに上のいずれかの方法でご予約いただいた方が良いかと思います。

トップページ | 2013年11月 »