« 小名木善行先生☆本日桜チャンネルご出演♪ | トップページ | 小名木善行先生の☆大国主神話とシラス国 »

2014年2月15日 (土)

ねず先生流解説☆百人一首(10〜12番歌)

Image

東京は二回目の大雪です。
帰り道、いつも通っている桜並木の緑道で満開の桜を発見しました(^.^)
綺麗!
とっても綺麗!
本当の桜吹雪の前で、私は寒さも忘れて見とれてしまいました。


先日、ねず先生が桜チャンネルにご出演されました。
その詳しいことは、中部ブロックのブログにまとめられていましたのでご覧下さい(⌒▽⌒)

d.hatena.ne.jp/nissinnkaicyubu/touch/20140212

ねずさんの百人一首は、その時代背景をしっかりと把握して、天皇とオオミタカラの関係を正しく理解しているからこその、大発見の解説になっています。

こういうのって、特許とかとれないのですかね(^.^)?

ご本人は、大らかに拡散目的だからそういう意識なさそうですが(⌒-⌒; )

私のような世俗にどっぷり浸かっている者としては、なんだかもったいないような気もします!

早く本にして、小名木善行訳、としてほしいと思います☆〜(ゝ。∂)

さて、私が一番この三つの中で好きな歌は

nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2166.html?sp
『 天つ風雲の通ひ路吹きとぢよ
 乙女の姿しばしとどめむ

歌をざっとみれば、五節(ごせち)のイベントで、優雅に舞う5人の乙女たちの姿を見た僧正遍昭が、そのあまりの美しさを讃えながら、その舞う姿を是非とも眼に焼き付けたいから、しばしの間、「天を吹く風よ、雲間の風の通り道を閉ざして、舞をゆっくりと見させておくれ」と歌っているようです。
では、僧正遍昭が、本当に伝えたかった想いとは、いったい何だったのでしょうか。

手がかりになるのは、前にある参議篁(さんぎたかむら)の歌です。
篁の歌によって、その半世紀後に遣唐使は廃止になりました。
この僧正遍昭は、その廃止になった時代の、政治的にもたいへんに大きな影響力を持った大僧正です。

そしてこの歌を「遣唐使の廃止」という歴史上の大事件と並べてみると、ちょっと面白いことがわかります。

乙女たちの舞う姿は、平和でみやびな国風をイメージさせます。
そして僧正は、天つ風、雲の通ひ路に、「吹きとぢよ」と言っているわけです。
「閉じよ」とは命令形です。非常につよい言葉です。

では、「天つ風、雲の通ひ路」は何を意味しているのでしょうか。
実は、「天つ風」は、天の声、「雲の通い道」とは、そこへ行く路(道)を意味します。
そして「吹き閉じよ」というのは、その道を封鎖せよ、つまりこれは遣唐使の廃止そのものを言っていると拝します。

一方下の句の「乙女の姿」は、平和を愛しみやびな気風を大切にする、わたしたちの国の国風です。
そしてその国の民であり、国民であり、民衆です。
その民衆の平和な姿をとどめるために、遣唐使の道を閉じよ、それが実はこの僧正遍昭の歌の真意となります。』


☆☆☆☆☆☆☆☆

この歌三つをまとめて
『遣唐使の道を閉じよ』というような訳しちゃったのは、ねず先生が最初です。

こういう国風のもと、今夜の私のように雪桜を見て、超感動した方々が千年以上も前からいたのだな〜と、ますます感動しながらブログ更新しています(^_^)v

明日は、どんな綺麗に遭遇するか楽しみです♪

Image

これって、微妙に三角関係ニャかしら?

ふーん!!

こんな歌がピッタリかもニャ〜ン

youtu.be/Wd-j9l4rylE

« 小名木善行先生☆本日桜チャンネルご出演♪ | トップページ | 小名木善行先生の☆大国主神話とシラス国 »

百人一首」カテゴリの記事

コメント

先日、紹介されてた中部ブロックサイトへ行ってねず桜見たんですが、
パソコンの調子が悪かったかやり方間違えたかで、なぜか音声のみで映像が出て来なかったので、
そこは持って生まれた天才的なヒラメキを発揮し、
「上に貼ってあるねずさんその他2女史の画像を眺めながら音声を聴く」
という画期的な手法で楽しみました(^ε^)♪(←ノーベル賞貰えるかしら?)
美女二人に囲まれたねずさんのデレデレ振りを見れんかったのがチト残念ではあるが(^o^;
そこでも和歌の話をされてましたが、ぜひ桜でも「ねず流解説百人一首」みたいな番組持って頂きたいもんですな(^.^)b  

いやそれにしても絶世の美女二人に囲まれてお喋りだなんて羨ましい・・てか葛城さんに武道の手ほどき受けた〜い(*´∀`*) 
などと不埒な妄想に耽った先日の夜φ(.. )

魔除けさん、こんにちは(^o^)/

あはは♪
魔除けさんも、美女には弱い硬派の方なのですか?
ねずさんのデレデレぶりが観れなくって残念でしたね(⌒▽⌒)

魔除けさんも、素敵な想像力で武道をお稽古してくださいね(^ν^)

たくさんの方が、葛城さんにお稽古していただきたいと思ったことでしょう♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1969016/54997711

この記事へのトラックバック一覧です: ねず先生流解説☆百人一首(10〜12番歌):

« 小名木善行先生☆本日桜チャンネルご出演♪ | トップページ | 小名木善行先生の☆大国主神話とシラス国 »