« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月26日 (月)

ねずマグ☆平成27年度歌会始今上陛下の御製


平成27年度歌会始今上陛下の御製
───────────────

『平成27年のご皇室ご主催の歌会始で、陛下が詠まれた御製が話題になっているようです。
私のところにも、複数の方から、この御製の意味することは、というお問い合わせをいただきました。
そこで、ねずマグの読者の方だけに、歌の意味を解説したいと思います。

  夕やみのせまる田に入り
  稔りたる稲の根本に鎌をあてがふ

実はこの御製は、ものすごく厳しい御製です。』

『よく、「我が国は天壌無窮の神勅の国」といいますが、天照大御神の神勅は主なものが三つあります。
今度詳しくねずブロに書きますが、それが、
◯ 天壌無窮の神勅
◯ 宝鏡奉斎の神勅(同床共殿の神勅)
◯ 斎庭(ゆにわ)の稲穂の神勅
です。』

ということから、ねずさん流解説がされていました。

新しい言葉がたくさん出てくると、脳内フリーズしますので、
まだ意味は、明確に理解できませんでした。

これから、ねずブロで何度も三つの神勅の解説をしていただけるようですから
ゆっくりと理解していこうと思います(^_^)v

ねずマグのお申し込みは、⬇︎ をクリックして下さいね(^_^)v
www.mag2.com/m/0001335031.html

Image_3

2015年1月22日 (木)

小名木善行先生の☆女性が輝く時代(和泉式部)

Image

今日は寒かったですね。
お元気でお過ごしでしたでしょうか。
まだまだ寒さは続きますし、インフルエンザは大流行しておりますので
暖かくしてお過ごしくださいね(^-^)

最近のねずさんは、ご活躍めざましくチャンネルAJERにレギュラー出演されたり
CGSにご出演されたりしています(^-^)

18日の公開収録の時のお写真です。

Image_2

お友達が撮ってきてくださいました(^_^)v
楽しそうなお二人ですね♪

この時も、百人一首のお話をされたそうですが、大評判だったようです!

今年は、百人一首の当り年になりそうですね♪♪♪

ねずさんが、百人一首の解説をされるようになってから
和歌を理解するには、文法や意味だけでなく、その時代の思想を理解しないといけないということがよくわかりました。
特に日本の歴史は古いですから、長い年月に培われた日本にしかない「ありがたさ」を理解することが大切です。

そして百首の中で、私が一番興味を抱いた歌人は和泉式部です。

nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2472.html


 黒髪のみだれもしらずうちふせば
 まづかきやりし人ぞ恋しき

 逢ふことを息の緒にする身にしあれば
 絶ゆるもいかが悲しと思はぬ

 君恋ふる心は千々にくだくれど
 ひとつも失せぬものにぞありける

凄い和歌のオンパレードですね。
このような深い想い、愛は、ともすると炎で身を焼き尽くすようなものではないでしょうか( ̄◇ ̄;)

あらざらむこの世のほかの
思ひ出にいまひとたびの逢ふこともがな
nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2311.html

和泉式部という方は、最後まで激しい情熱を失わなかったのです。

それは、とても辛く悲しい愛ですね。

千年前の式部の想いが、このように伝え続けられてきた日本って
本当に素晴らしいですね(^-^)

美しい心のままでいることは、とっても難しいものですね( ̄◇ ̄;)


Image

youtu.be/piqQxe6jeRc

この歌の想いくらいが、安全です(^_^)v

2015年1月 2日 (金)

謹賀新年

Image

新年明けましておめでとうございます。
本年も、よろしくお願いいたします。

昨日は、元旦にしては珍しく東京では雪が降りました。
お正月三ヶ日はいつも晴天なのですが、今年はどうしたのでしょうか。
今日は、一般参賀の日ですのでお天気が心配でしたが、穏やかに暖かく思い出に残る1日になりました。

私は、二重橋を渡っていく辺りからドキドキしています。

だって、ここが江戸城だった頃、
あーだった、こーだった、と時代劇を思い出して
まるで自分が登場人物になったかのようにタイムスリップしてしまうからです。

そんな空想を楽しみながら、歩いて行くと
あっという間に長和殿ベランダ前に着いてしまいます。

ここに、天皇皇后両陛下、皇族の方々がお出ましになると
天然のスポットライトが、天上からサーっと当たるかのようで、とても素晴らしいです。

夢中で日の丸振るし、歓声が出ちゃうし、かなり興奮する喜びの一瞬でした。

また、来年も行きます。

ねずさんのブログで、シラスの国としてのありがたみ、聖徳太子の明察効過を大切にしていた時代の百人一首を学んでいるので、以前一般参賀に来たときよりも、さらに有難さが深くなっていました。

また、今年もねずさんには頑張っていただいて
素晴らしいブログを毎日アップしていただけたら嬉しいです。

帰りに、皇居のお庭でメジロのつがいを見つけて、さらにラッキーな年になる予感がしました。

皆様も、健康で素晴らしい一年となりますようにお祈り申し上げます。
今年もよろしくお願いいたします(^_^)v

ねずさんを応援する会 ラベンダー

Image_2


« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »