« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月26日 (木)

黄泉の国と根の堅洲国

Image

youtu.be/mGmzCOcvGFM

【第34話 肉体が消えても、魂は残る 〜根の堅洲国の真意とは?〜】

今回のCGSの動画は、私のお気に入りになりました♪

ねず先生の新説のオンパレードですから、まだまだ理解できておりません。

神谷さんも、理解されてらっしゃらないようで
「根の堅洲国で、志半ばで諦めてしまった魂は、黄泉の国に行くのですね?」
とお話されています。

そうでしょうか。。

魂は黄泉の国に、行かなかったような。。

「切腹と命と魂」の中で、ねず先生は、はっきりと書かれています。
nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2750.html

《そして、日本では古くから、魂と命は別物と考えられてきました。
命は肉体がなくなれば、一緒に滅びます。
けれど魂は、再び輪廻転生してこの地上に舞い戻るか、あるいは魂魄となってこの世に留まり、国の守り神となると考えられていました。

こういう話は記紀の時代からすでにあって、天上界は高天原、この地上は葦原中つ国、そして地下世界(死者の世界)は、なぜか黄泉の国と根の堅州国の2つがあるのは、みなさまご存知のとおりです。
このうち、黄泉の国は、死者の肉体と命が行くところですので、いちど足を踏み入れたら、もう帰ってこれません。
一方、根の堅州国は、魂の国ですから、行ったり来たりが可能です。
ですから大國主は、根の堅州国のスサノオのもとに行き、そこから葦原中つ国に帰還しています。》

《切腹には、
責任を果たせなかったからという意味と
命がなくなっても、魂魄となって、なお戦うという、
実は2つの意味があるのです。

そういう日本人の死生観が、「命と魂が同じもの」と思っている外国人には理解できない。
だから「狂気」という説明しかできなかったし、戦後サヨクも、その路線を引きずったから、多くの生粋の日本人からみたら「?」としか言いようのない、おかしな解釈になってしまっているし、日本人の感覚からしたら、どうにも腑に落ちないから、多くの人が、とりあえず「考えないでおこう」と、意味の解釈を保留にしているです。

私は、宗教家ではありませんし、カルト的なことにはまったく不案内ですし、宗教のことは全くわかりません。
ただ、先日も伊勢神宮、熱田神宮、近江神宮、明治神宮等に参拝させていただき、神様の御存在は、まちがいなく「ある」と感じています。

◆ご参考→nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2623.html

そして、古くからの日本人が、命と魂を別物と考えていたということも、百人一首の研究や、記紀の研究等を通じて、学ばせていただきました。
命が失われることは、目に見えることですが、魂の永続性は、目に見えるものではありません。
ですからわからない世界です。

けれど目に見えないから存在しないというのなら、空気は存在しないことになる。
ウイルスや細菌や放射能も存在しないことになります。

何かある。

そういう「何かある」という自分自身の感覚は、自分自身の体験ですから疑いようがありません。
そして何万年も続く、古くからの日本人という血脈のなかで蓄積された古代の知恵というものは、それなりに尊重すべきものだと思うのです。》

私は、黄泉の国とは地獄なのでは?と漠然と思っていました。
地下世界は死者の国ですが、それは悪いことをした魂がいくところであるとずーっと思っていました。

それは仏教の思想が常識になっているからかもしれません。
Image_2

tobifudo.jp/newmon/betusekai/6dou.html

私は、今まで⬆︎のようにしか考えたことがありませんでした(⌒-⌒; )

でも、古事記って
仏教が渡来する以前の古代の日本の神話ですから、仏教的な感覚では想像できないことがたくさんあるのかもしれません。

仏教的な感覚で古事記を読めば
黄泉の国も根の堅洲国も地獄という事になってしまいます。

日本を作って下さったイザナミの命が、なぜ黄泉の国に行かなくてはいけないの?
何か罪でも犯したの?

という疑問にぶち当たるし

イザナギの命が、黄泉の国の穢れを祓う禊の中で生まれて来たのが、日本の最高神のアマテラス様だというのはいったい???

このように考えてしまうから、今まで考えないようにしてきたのだとわかりました。

ねず先生の新説古事記で、この仏教的な古事記解釈から、納得の神話に生まれ変わる事を楽しみにしております。

新しい素晴らしい時代の幕開けとなるような予感です(^_^)v


2015年11月21日 (土)

小名木善行先生の☆「すれ違い」

Image

nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2835.html?sp

今日のブログは、ねず先生の百人一首解説を読んで以来、持ち続けてきた疑問が一気に解決する衝撃の内容に感動しております💕💕💕

小町さんを置いてけぼりにした、文屋康秀や
前回のブログで書いたヤマヒコの和歌など、日本の神話や古典文学に出てくる、日本男児の純情という理解不可能な想い。

長い間、女性が抱えてきた「すれ違う男女の想い」でしたが、やっとわかってきました。

***

このような男女の思考の微妙な違いを題材にした日本最古の作品が古事記です。
イザナキ、イザナミの思いのすれ違い。
トヨタマヒメとヤマヒコの、お互いの心のすれ違いなどが描かれています。
世界最古の女流文学である『源氏物語』も、こうした男と女の微妙な意識差が描かれ、それが人々の大きな共感を呼んでいます。
共感があるから、千年以上にわたって作品が生きているのです。

こういう心のヒダのすれ違いは、とてもやっかいだし面倒なものです。
けれど、やっかいだからこそ、千年たっても、そこに共感があるわけです。

***

国の形が、人々を大切にするというところから出発しているのです。
そういう国に育った民衆が、相互に人を大切にするようになるのは当然の帰結です。
そしてそれは、国や郷里や友を大切にするというだけでなく、男であれば女を大切にし、女であれば男をたいせつにするというカタチに発展しています。

ところが、そもそも男と女は、冒頭の民子と政夫の会話みたいなもので、頭の構造が違うわけです。
そこに葛藤が生まれる。
その葛藤の中で持って生まれた魂を鍛え、訓練し、自分の魂をより高度なものに成長させていく。
それこそが、魂がこの世に生まれ、生かされていることの理由であるとしてきたのが、日本という国家ですし、そこに日本文化の根幹があるのだと思います。

***

この部分、とてつもない重要な核心が書かれています。

これを踏まえつつ、ぜひもう一度、ねず先生の百人一首を読み返したいと思います。
もっと深い部分で、今までの理解とは違う感動が押し寄せてきそうです。

それを理解し感動することが、封印されてしまった愛を取り戻すことになるし、愛を昇華できなかった御霊の最高の慰めになるような気がします。

そこを書いてしまう、ねず先生は凄いです!

さて、前回の倭塾で私が感じた疑問。
いつも、この疑問から大切なところが読み解かれてきます。
アメノウズメの命は、誰を愛したのだろうか、ということです。
私は今のところの理解では、瓊瓊杵命であったとしか、どうしても思えないのです。

この辺のところは、ねず先生の古事記発売を楽しみにしようと思います。

百人一首は千年前のこと
古事記は神話という、いつの頃かわからないほどの古い昔のことを
ねず先生が、これ以外はありえないという冷静な分析で、独自の解説をしてくださっています。

とても有難いことです(^_^)v

これからも、ねずファンで楽しみにしていきましょうね♪

Image_2


2015年11月 2日 (月)

久しぶりに倭塾に参加してきました☆

Image

昨日は、第22回の倭塾に久しぶりに参加して来ました♪

大盛況でした!
皆さんねずさんパワーをいただいて、キラキラしてらっしゃる方ばかりです✨✨✨

Image_2

講義の始まる前に、憲法改正の署名をお願いされる方や
北方領土返還の署名をお願いされる方などのご紹介がありました。
署名もたくさん集まって良かったですね^_−☆


Image_3

古事記のお話が、もう目からウロコの解説で
本当に心に響きました!
やっぱり、ねずさん天才だわ✨✨

(^o^)/*

Image_4

昨日の講義の中で、いつもとはちょっと違うねずさんの解説がありました。

それが⬆︎なのです。

豊玉毘売が、出産の場を見ないでね、と約束したのに
それを破ってしまった夫の山彦。
恥ずかしい姿を見られてしまった豊玉毘売が、山彦と二度と会うことはしない!と誓って帰ってしまった竜宮城から、山彦に贈った和歌と返歌です。

ねずさんの百人一首の解説で、ちょっと男性の愛について腑に落ちない箇所が幾つかあったのです。

小野小町を置いてきぼりにした文屋康秀さん。
app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1960883/1969016/93442922
⬆︎で以前書いたのですが、小町を置いてけぼりにするのが、なぜ愛なの??
って全く理解不能でした。

ところが、豊玉毘売の切ない愛を分かりつつも、女性の意思と立場を尊重するのが日本男児の変わらぬ愛なのです、とかいう説明にちょっとわかりかけたような気がしました。
これからも、ここのところは研究していかなくては。。。


倭塾の後は懇親会でした。
たまたま偶然にお隣に座られたのが、有名な神社の宮司様ご夫妻でした。
私は、良い機会だと思いましたので、いろいろと質問をさせていただきました。
祈りで、日本を守ることは可能でしょうか?
ということです。
もちろん、実際の行動を起こして世の中を変える人も必要です。
でも私には、そういうことは向きません。
神経がもたないし、体力もない。
せめて神様に平和を願うことくらいしかできないのです。

宮司さんは、仰いました!
「大丈夫ですよ。
祈ることで、神様のご加護で日本は護られます。
私も政治的な事とは距離を置いています。」

とても嬉しいお話を、お聞きできました♪


あと、とても気になっていたこと。
奥様に質問してみました。
「ねず先生の百人一首の解説は、藤原定家が意図した以上の解釈が、現代に合わせたものに
ねず先生が、神様から書かされていると強く感じるのですが、どう思われますか?」

奥様は
「私もそのように感じております。
ラベンダーさんが、それをお感じになったということは凄いことです!」

と同意された上に、褒められてしまい、かなり幸せな気分になってしまいました💕💕💕

今回の古事記も、オール新説です。
ねず先生ご自身も、何でこんな事が書けるのか不思議!
ということでした。

やっぱり。。。

目からウロコの解説は、そういう不思議なパワーを秘めていたのですね^_−☆

そして、それを感じてたくさんの人が集い、結束していく。
これって素晴らしいことです☆

また、参加させていただきますので
よろしくお願いいたします💝

Image_5

昨日、私の心に一番響いた天孫降臨の映像です。
とっても美しい。。

そういえば、不思議なことがありました。
講義の最後にねずさんが
「神様が降りてきて、書かされている気がします」
とおっしゃる時に、降りて、の時に後ろにあった国旗の右側が、ハラリと落ちるのを見ました。
これも、何かのメッセージなのかもしれませんね💕

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »