« ロシアとウクライナ | トップページ | 小名木善行先生の☆「すれ違い」 »

2015年11月 2日 (月)

久しぶりに倭塾に参加してきました☆

Image

昨日は、第22回の倭塾に久しぶりに参加して来ました♪

大盛況でした!
皆さんねずさんパワーをいただいて、キラキラしてらっしゃる方ばかりです✨✨✨

Image_2

講義の始まる前に、憲法改正の署名をお願いされる方や
北方領土返還の署名をお願いされる方などのご紹介がありました。
署名もたくさん集まって良かったですね^_−☆


Image_3

古事記のお話が、もう目からウロコの解説で
本当に心に響きました!
やっぱり、ねずさん天才だわ✨✨

(^o^)/*

Image_4

昨日の講義の中で、いつもとはちょっと違うねずさんの解説がありました。

それが⬆︎なのです。

豊玉毘売が、出産の場を見ないでね、と約束したのに
それを破ってしまった夫の山彦。
恥ずかしい姿を見られてしまった豊玉毘売が、山彦と二度と会うことはしない!と誓って帰ってしまった竜宮城から、山彦に贈った和歌と返歌です。

ねずさんの百人一首の解説で、ちょっと男性の愛について腑に落ちない箇所が幾つかあったのです。

小野小町を置いてきぼりにした文屋康秀さん。
app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1960883/1969016/93442922
⬆︎で以前書いたのですが、小町を置いてけぼりにするのが、なぜ愛なの??
って全く理解不能でした。

ところが、豊玉毘売の切ない愛を分かりつつも、女性の意思と立場を尊重するのが日本男児の変わらぬ愛なのです、とかいう説明にちょっとわかりかけたような気がしました。
これからも、ここのところは研究していかなくては。。。


倭塾の後は懇親会でした。
たまたま偶然にお隣に座られたのが、有名な神社の宮司様ご夫妻でした。
私は、良い機会だと思いましたので、いろいろと質問をさせていただきました。
祈りで、日本を守ることは可能でしょうか?
ということです。
もちろん、実際の行動を起こして世の中を変える人も必要です。
でも私には、そういうことは向きません。
神経がもたないし、体力もない。
せめて神様に平和を願うことくらいしかできないのです。

宮司さんは、仰いました!
「大丈夫ですよ。
祈ることで、神様のご加護で日本は護られます。
私も政治的な事とは距離を置いています。」

とても嬉しいお話を、お聞きできました♪


あと、とても気になっていたこと。
奥様に質問してみました。
「ねず先生の百人一首の解説は、藤原定家が意図した以上の解釈が、現代に合わせたものに
ねず先生が、神様から書かされていると強く感じるのですが、どう思われますか?」

奥様は
「私もそのように感じております。
ラベンダーさんが、それをお感じになったということは凄いことです!」

と同意された上に、褒められてしまい、かなり幸せな気分になってしまいました💕💕💕

今回の古事記も、オール新説です。
ねず先生ご自身も、何でこんな事が書けるのか不思議!
ということでした。

やっぱり。。。

目からウロコの解説は、そういう不思議なパワーを秘めていたのですね^_−☆

そして、それを感じてたくさんの人が集い、結束していく。
これって素晴らしいことです☆

また、参加させていただきますので
よろしくお願いいたします💝

Image_5

昨日、私の心に一番響いた天孫降臨の映像です。
とっても美しい。。

そういえば、不思議なことがありました。
講義の最後にねずさんが
「神様が降りてきて、書かされている気がします」
とおっしゃる時に、降りて、の時に後ろにあった国旗の右側が、ハラリと落ちるのを見ました。
これも、何かのメッセージなのかもしれませんね💕

« ロシアとウクライナ | トップページ | 小名木善行先生の☆「すれ違い」 »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

お久しぶり♪(・∀・)ノ 
ソチラは倭塾とのことですが、コチラは中山塾に参加してきましたぞ! 
昨年末に遂に老母が足腰立たなくなり、付きっきりで世話する日々でしたが、無理矢理隙を突いて行って来ました。←なぜなら今回の講師が今話題の我那覇真子さんだったから(笑)    
なんでも真子さん主宰の沖縄二紙を正す会の顧問に成彬さんがなった事が縁で呼ばれたそうで、講演でも沖縄二紙(沖タイ・琉新)のデタラメさを映像使って訴えてました。
普天間基地のフェンス越しに基地内部のアメリカ人を棒で突いてた比嘉良博氏が、沖縄二紙にかかるとまるで英雄の如く見えてしまうだの、
基地との境界線を越えて捕まった山城氏が、初めは「俺は越えてない!」と言ってたのに、越えてる映像が公表されるや「今まで何度も越えてるのに今回だけ逮捕するのはオカシイ!」と言い出したり、 
辺野古移設反対集会に行った人によれば、会場の外では「何県から来た」という労組の旗にあふれ、「会場に入る時は旗を折り畳んで下さい」と指導されてたとか、 
その会場に集まった人達の事をオール沖縄だとか言ってるが、あれはオール日本左翼集会だと喝破したり、 
辺野古住民の八割が移設を容認しており、反対運動家達には迷惑しているだとか、
中国公船に追っかけられた石垣島の漁師さんに聞いた話(昔は尖閣で台湾漁民とも共存出来てたが中国のせいで今は共存出来なくなった。尖閣近辺へ行こうと思えば一週間前に海保の許可が必要だが、行っても中国のせいで漁出来ないから燃料ムダになるだけ)だとか、  
国連での翁長知事とその仲間達による言いたい放題な映像(沖縄は日本の領土ではない発言等)、自身のカウンタースピーチ映像等々、色々なネタてんこ盛りでしたな。   
我那覇さんの見解によれば、沖縄二紙は工作するために新聞という形をとってるだけであり、翁長知事の役目は本土と沖縄に紛争があるよう演出して中国に付け入る隙を与える事なんだとか。(←実際151の各国大使に国連での基地反対声明を送付してるそうな)  
また最後の質問コーナーでは、那覇の近くにあるセナガ島とかいうホテル一個で一杯一杯の小さな島に中国資本のホテルが建ってる話が出たり、成彬さんの締め話ではルーピー鳩山が「沖縄に議会(国会)を設けるべきだ」などとほざいてた話も出ましたな。 
また「沖縄には国防面でお世話になってる、そんな沖縄をチベット化させちゃならん!」との発言には参加者皆さん拍手でした。  

いや〜収穫収穫♪。帰ったら母ちゃんがプンスカしてると思いきや、テレビ見ながら居眠りしてて無問題だったとさ。  
めでたしめでたし(^Q^)      

※あっ、コチラでも憲法改正署名勧めてる人が居ましたっけ。←署名用紙貰ったから書くしかないww(^^ゞ

魔除けさん
お久しぶりですね♪
ずいぶんお見かけしないので、心配しておりました。
お母様の調子が悪かったのですね。
お一人での介護は大変ですから、デイサービスとかショートステイとかも利用されてくださいね。

中山塾のご報告をありがとうございました(^-^)
こちらでも12月12日に、CGSの記念講演で真子さんは講師のお一人のようですよ^_−☆
素晴らしい活動をされてらっしゃる方なのですね、

寒くなってまいりましたので、お身体御自愛くださいませ。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1969016/62325968

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに倭塾に参加してきました☆:

« ロシアとウクライナ | トップページ | 小名木善行先生の☆「すれ違い」 »