« 小名木善行先生の☆「すれ違い」 | トップページ | 小野小町と「小さな恋の物語」 »

2015年11月26日 (木)

黄泉の国と根の堅洲国

Image

youtu.be/mGmzCOcvGFM

【第34話 肉体が消えても、魂は残る 〜根の堅洲国の真意とは?〜】

今回のCGSの動画は、私のお気に入りになりました♪

ねず先生の新説のオンパレードですから、まだまだ理解できておりません。

神谷さんも、理解されてらっしゃらないようで
「根の堅洲国で、志半ばで諦めてしまった魂は、黄泉の国に行くのですね?」
とお話されています。

そうでしょうか。。

魂は黄泉の国に、行かなかったような。。

「切腹と命と魂」の中で、ねず先生は、はっきりと書かれています。
nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2750.html

《そして、日本では古くから、魂と命は別物と考えられてきました。
命は肉体がなくなれば、一緒に滅びます。
けれど魂は、再び輪廻転生してこの地上に舞い戻るか、あるいは魂魄となってこの世に留まり、国の守り神となると考えられていました。

こういう話は記紀の時代からすでにあって、天上界は高天原、この地上は葦原中つ国、そして地下世界(死者の世界)は、なぜか黄泉の国と根の堅州国の2つがあるのは、みなさまご存知のとおりです。
このうち、黄泉の国は、死者の肉体と命が行くところですので、いちど足を踏み入れたら、もう帰ってこれません。
一方、根の堅州国は、魂の国ですから、行ったり来たりが可能です。
ですから大國主は、根の堅州国のスサノオのもとに行き、そこから葦原中つ国に帰還しています。》

《切腹には、
責任を果たせなかったからという意味と
命がなくなっても、魂魄となって、なお戦うという、
実は2つの意味があるのです。

そういう日本人の死生観が、「命と魂が同じもの」と思っている外国人には理解できない。
だから「狂気」という説明しかできなかったし、戦後サヨクも、その路線を引きずったから、多くの生粋の日本人からみたら「?」としか言いようのない、おかしな解釈になってしまっているし、日本人の感覚からしたら、どうにも腑に落ちないから、多くの人が、とりあえず「考えないでおこう」と、意味の解釈を保留にしているです。

私は、宗教家ではありませんし、カルト的なことにはまったく不案内ですし、宗教のことは全くわかりません。
ただ、先日も伊勢神宮、熱田神宮、近江神宮、明治神宮等に参拝させていただき、神様の御存在は、まちがいなく「ある」と感じています。

◆ご参考→nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2623.html

そして、古くからの日本人が、命と魂を別物と考えていたということも、百人一首の研究や、記紀の研究等を通じて、学ばせていただきました。
命が失われることは、目に見えることですが、魂の永続性は、目に見えるものではありません。
ですからわからない世界です。

けれど目に見えないから存在しないというのなら、空気は存在しないことになる。
ウイルスや細菌や放射能も存在しないことになります。

何かある。

そういう「何かある」という自分自身の感覚は、自分自身の体験ですから疑いようがありません。
そして何万年も続く、古くからの日本人という血脈のなかで蓄積された古代の知恵というものは、それなりに尊重すべきものだと思うのです。》

私は、黄泉の国とは地獄なのでは?と漠然と思っていました。
地下世界は死者の国ですが、それは悪いことをした魂がいくところであるとずーっと思っていました。

それは仏教の思想が常識になっているからかもしれません。
Image_2

tobifudo.jp/newmon/betusekai/6dou.html

私は、今まで⬆︎のようにしか考えたことがありませんでした(⌒-⌒; )

でも、古事記って
仏教が渡来する以前の古代の日本の神話ですから、仏教的な感覚では想像できないことがたくさんあるのかもしれません。

仏教的な感覚で古事記を読めば
黄泉の国も根の堅洲国も地獄という事になってしまいます。

日本を作って下さったイザナミの命が、なぜ黄泉の国に行かなくてはいけないの?
何か罪でも犯したの?

という疑問にぶち当たるし

イザナギの命が、黄泉の国の穢れを祓う禊の中で生まれて来たのが、日本の最高神のアマテラス様だというのはいったい???

このように考えてしまうから、今まで考えないようにしてきたのだとわかりました。

ねず先生の新説古事記で、この仏教的な古事記解釈から、納得の神話に生まれ変わる事を楽しみにしております。

新しい素晴らしい時代の幕開けとなるような予感です(^_^)v


« 小名木善行先生の☆「すれ違い」 | トップページ | 小野小町と「小さな恋の物語」 »

日本人の死生観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1969016/62690287

この記事へのトラックバック一覧です: 黄泉の国と根の堅洲国:

« 小名木善行先生の☆「すれ違い」 | トップページ | 小野小町と「小さな恋の物語」 »