« 天災と田母神さんと三条右大臣 | トップページ | 熊本大地震と中央構造線という活断層について »

2016年4月18日 (月)

2015年4月☆百人一首本奉献旅日記

Image

私はFacebookの過去記事をお知らせしてくれる機能を楽しみにしています。
今日は、昨年、こちらの記事をシェアしていました。
懐かしいです。
1年は、本当にあっという間に過ぎてしまいます。

【百人一首本奉献旅日記】
2015年04月18日07:40

nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2623.html

今日の記事は、完全に私的な日記です。

4月16日、17日と、これから発売となる本・『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』の奉献と御神楽奉納に、近江神宮、伊勢神宮、熱田神宮に行ってきました。
とっても不思議な体験をしましたので、今日は、そのご報告をしたいと思います。

私の住まいは千葉県(駅は埼玉の春日部)ですが、本をそれぞれの神社に各10冊奉献のため、荷物があまりに重く(本自体が1冊が厚くて重い)なるため、今回、車で滋賀、三重、愛知にでかけることにしました。
朝、3時に起きて4時に出発。
道中は空も晴れ、富士山がくっきりと見え、気持ちのよいドライブとなりました。

***

Image_2

そもそも私は、日頃信心が薄い方ですが、こういうことは、ただ非科学的だと一笑に付すものではなく、わからないことは「わからない」として、ただ記憶にとどめておくことだと思っています。
偶然かもしれないし、そうでないかもしれない。
それは、凡夫の私達にはわからないことです。
わからないから否定する、というのではなく、わからないけれど、そういうことがあったと記憶しておく。
それは大事なことだと思います。


☆☆☆

昨日は、銀座の風月堂画廊まで草場さんという方の陶彩画を見てきました。
私の大好きな陶彩画のポストカードを買うことができました。

Image_3

お友達は観音様シリーズです。

Image_4

そしてたくさんお喋りをしました。
ご縁とは不思議なものです。
お友達の妹さんの先生が、今度の選挙に比例から立候補するそうです。
それが何と、「日本の心を大切にする党」からだったのです。
恭子先生の人柄に感動して、依頼を快諾されたとのこと。

恭子先生のお話で大フィーバーしました💕💕

その時、私がふと頭に浮かんだことがありました。

「ねず先生って、中山先生ご夫妻や矢作先生やたくさんの素晴らしい方々が応援してくださる反面、変な人も利用しようとしてたくさん近寄ってくるんだけど、どうしてだろう?
神に開けるということは、魔にも開けるということだからなんだろうけど。。

もしかして、ねず先生、日頃信心がうすいということだから、おうちに神棚ないのかしら?」

とです。

友人二人は、口を揃えて

「それは大変。
神棚に毎日手をあわせるということが、平穏で魔を遠ざける毎日を過ごせるのだから
神棚なくちゃダメよ〜」

と教えてくれました。


**
やっぱり、日本人は
神棚に毎日手をあわせること、神社にお詣りすること
大切ですね(^_^)v

« 天災と田母神さんと三条右大臣 | トップページ | 熊本大地震と中央構造線という活断層について »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1969016/65035527

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年4月☆百人一首本奉献旅日記 :

« 天災と田母神さんと三条右大臣 | トップページ | 熊本大地震と中央構造線という活断層について »