« 今夜は満月です(^-^) | トップページ | 個人主義的な女たちが、穴沢大尉から学ぶ「愛」 »

2016年4月23日 (土)

大切にしたい日本の四季

Image
http://youtu.be/U-yf2skmSks


Image_2

nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1483.html
【朧月夜(おぼろづきよ)】
1 菜の花畠に 入日薄れ
  見わたす山の端(は) 霞ふかし
  春風そよふく 空を見れば
  夕月かかりて にほひ淡し

2 里わの火影(ほかげ)も 森の色も
  田中の小路をたどる人も
  蛙(かはづ)のなくねも かねの音も
  さながら霞める 朧月夜

「おぼろ月」というのは、春先によく見られる、ちょっと霞(かすみ)のかかったお月様で、別名が「菜種月」ともいいます。

菜種(ナタネ)は、菜の花の別称です。
菜種から採れる油が、菜種油(ナタネアブラ)で、江戸時代には行燈(あんどん)によく使われたり、食用に使われたりしています。
実は今の日本でも、サラダ油の6割は、菜の花から採れる菜種油が原料なのだそうです。

菜の花は、芽茎が食用になり、この時期菜の花の胡麻あえなんて、実においしい。
それだけでなく、荒れた土地でも繁殖できるため、堤防や土手などの修景用にも、用いられます。
上の写真の江戸川の河川敷のものなどは、まさにそれです。

日本人は、こうして四季折々の美しい自然と、まさに共存して生きて来た。

春山の さきの ををりに 春菜採(つむ)
妹が白紐(しらひも) 見らく しよしも

と読んだのは、万葉集の尾張連(おわりのむらじ)ですが、他にも

菜の花や 月は東に日は西に(与謝蕪村)
菜の花の遙かに黄なり筑後川(夏目漱石)

なんていう俳句もあります。

日本には四季があります。
そして四季折々の美しさがある。
そういう美しさを大切にし、共存し、調和して生きて来たのが日本人だと思うのです。

戦後の日本は、そうした自然との共存を、ある意味否定し、都会化することを「開発すること」、「良いこと」としてきました。
四季は、いまでは、単に衣類の着あわせの中だけのものとなっているかのようです。

けれど忘れてはならないのは、
日本にもともとある四季折々の美しさと、
それに感動する、人の心 なのではないかと思います。

« 今夜は満月です(^-^) | トップページ | 個人主義的な女たちが、穴沢大尉から学ぶ「愛」 »

日本人の心」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1969016/65121764

この記事へのトラックバック一覧です: 大切にしたい日本の四季:

« 今夜は満月です(^-^) | トップページ | 個人主義的な女たちが、穴沢大尉から学ぶ「愛」 »