« 天智天皇と天武天皇と持統天皇について | トップページ

2017年2月25日 (土)

『ねずさんと語る古事記 壱』が予約開始になりました♪

Img_2328
nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3308.html?sp
『古事記については、これまで部分的にねずブロでご紹介したり、あるいは倭塾で講義をさせていただいたりしてきましたが、やはり「通し」で読んでいくと、ものすごく理解が深まります。』

ねず先生の倭塾講義では、日本の神様は愛によって成長して偉大な神様になっていく、ということを学ばせていただきました。
西洋の神様は、生まれながらに完璧であり、人類創生をなされました。
そこに神と人間の関係があります。
ところが、日本の神様は日本人の元のご先祖様であり、神代からの血筋を現代にまで継承される天皇という有難いご存在が、私たちを神様の世界としっかりと結びつけてくださっているのだ、ということを教えていただきました(^-^)

『この古事記の本は、取り組みを始めてから、出版に至るまでに、まる三年かかりました。
その間、20回以上、原稿をいちから書き直し、その都度、新しい発見や学びをいただきながら、自分としては、最高の内容の本になったと思います』

本当に、苦しまれていらっしゃいましたっけ(・・;)
お尻から根っこが生えるんじゃないの?
古事記なんてもう書くの止めて、百人一首の新作書いた方がいいのでは?
神様に満足していただける内容になるのかしら?
と、たくさん心配になりました。
だけど、神様から選ばれて、書き上げさせていただけて、最高の内容になった!ということは
とても喜ばしいかぎりです💕


『なぜなら古事記は、7世紀の白村江の戦いに破れ、唐と新羅の連合軍に我が国の国土を侵略されかねないという国家の危機にあって、我が国の国家国民としてのアンデンティティを確立するために書かれた書であるからです。
つまりそこには、日本を取り戻すための大きな知恵が、まさに宝物のように連なって書かれています。

私たち現代日本人は、71年前に大きな敗戦を経験し、いま再び「日本を取り戻そう」としています。
では、その取り戻すべき日本というのは、どのような形をしているのか。
実はそのことについて、明確な回答を与えてくれているものは、残念ながらありません。』

なぜ、今、古事記ブームなのか
あちこちで古事記が見直されているのか
⬆︎の部分で、よく理解できます。
日本は長い歴史の中で、敗戦したのは二回しかありません。
白村江の戦いと、大東亜戦争です。
白村江の戦いで、危機を感じた天武天皇の大御心により、古事記は生まれました。
日本を護るための大いなるメッセージが込められているはずです。

その大いなるメッセージを、ねず先生がどのように解き明かしてくださったのか、とても楽しみです。

百人一首も、現代の私たちと何ら変わることのない日本人としての感情を読み解いていただき、歌人たちが、まるで『長年の友』のような錯覚を覚えるほど身近に感じられました。

きっとねず先生の古事記は、神様が私たちと同じように感じたり、愛を生きていらしたことを教えてくださるのではないでしょうか。

3月15日の発売が、とても楽しみです!


Img_2329
youtu.be/yVdx0wh9LMg

« 天智天皇と天武天皇と持統天皇について | トップページ

日本人の心」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1969016/69721157

この記事へのトラックバック一覧です: 『ねずさんと語る古事記 壱』が予約開始になりました♪:

« 天智天皇と天武天皇と持統天皇について | トップページ