« 文明の衝突 | トップページ | 薙刀と娘子隊 »

2020年11月 5日 (木)

栗のお話

栗のお話をしてみたいと思います。

3e4d0392c3d54a6cae329a58ad5453a6

どういうことかよくわからないのだけれど、最近では「栗(クリ)」といえば、天津甘栗のイメージなのだそうです。

なるほど、スーパーや商店街などで天津甘栗屋さんは、よく見かけます。


この天津甘栗というのは、China産の栗(くり)で、これは小粒で甘いのが特徴です。

栗は、他にも西洋栗なんてのもあって、これはマロングラッセなどによく使われる。


そういうのが栗だと思っていると、栗拾い園などに行って、栗を自分の手で拾ってみたとき、ひどく驚くことになります。


なぜ驚くかというと、

栗がでかい!、甘い!、うまい!


実はこの、大きくて甘くて美味しいというのが、日本栗(ニホンクリ)の特徴なのです。


栗は長いこと「Chinaから渡来し、江戸時代に品種改良されて、いまのニホンクリになった」とされてきました。

ところが、この筋書きを一変させたのが、青森県の「三内丸山遺跡」です。

なんとそこでは、いまから約5000年もの昔に、栗が栽培されていたことがわかったのです。


ただ栽培されていただけじゃありません。

管理栽培されていた。

それもなんと、1500年もの長きにわたり、栗が栽培されていたのです。


大きな実は、もちろん食用です。

そして栗の大木は、建築資材として用いられたのです。

そして何千年の時を経て、日本の栗は品種が改良され、いまのような大粒でたくさん採れて、甘くて美味しい栗になったのです。


栗は日本書紀にも登場します。

「栗栖」と書かれている。


「栖(す)」というのは、いまでは住処(すみか)のことで、昔は栽培している場所を表しました。

ですから、代々の天皇が持っていた「栗栖」は、栗の木を栽培していたところです。


9世紀には、常陸国の鹿島神宮の遷宮にあたって、大量の材木を使うため、 神宮司が神宮のそばに成長の早い栗の木を5700本、 杉を4万本植えることを太政官に申請し、許可されたことが、「日本三代実録」に記されている。


また、中世の荘園では、田畠からの年貢だけでなく、栗林については面積が、桑、漆、柿などは本数が正確に調査され、 それぞれに税金が課せられています。


要するに、栗が税の対象だったということは、栗がそれだけ国家的資産として、とても大切にされてきたということでもあります。


http://nezu3344.com/?no=1385


☆全文はブログからお読みください。応援クリックもよろしくお願いいたします。

« 文明の衝突 | トップページ | 薙刀と娘子隊 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 文明の衝突 | トップページ | 薙刀と娘子隊 »