« 栗のお話 | トップページ | 岩崎ユキと従軍看護婦のはじまり »

2020年11月 6日 (金)

薙刀と娘子隊

今日のタイトルは「薙刀(なぎなた)と娘子隊(じょうしたい)」です。

38d7c035fc0341d19f592dea54ce4151

慶応4(1868)年8月23日、会津藩若松城下に新政府軍がやってきました。

その数、なんと7万5千の大軍です。

迎え撃つ会津の武士たちは、正規兵が約3500人、客員兵と呼ばれる幕軍崩れの参加兵が1800名、合計わずか5300名です。

しかも会津藩正規兵の主力は、いまだ国境にいます。


城下に残っているのは、少年で構成される白虎隊だけです。

銃を持った者は百名たらず、兵糧米と弾薬はまったく備蓄がありません。


激しい雨が降る中、城下に敵襲来を知らせる激しい半鐘が鳴り響きました。

城下にいる武士の家族や町民たちに避難を知らせる早鐘です。


***


隊長の中野竹子は、会津城下において、美しい才女として誰もが羨む女性でした。

当時、会津の銭湯はどこも混浴だったのだそうです。

竹子は、1、2度、銭湯にいったことがあり、その美貌と美しいふくよかな体が、男たちの目を釘付けにしたといいます。


その竹子に、乱戦の中、一発の流れ弾が、彼女の額に命中します。

竹子がドウと倒れる。

額の血が、草を真っ赤に染めます。


息も絶え絶えに竹子は、それでも気丈に妹の優子を呼びました。

そして「敵に私の首級を渡してはなりませぬ」と、介錯を頼みます。


妹の優子は、16歳です。

とまらない涙をぬぐいながら、それでも気丈に、姉の首を打ち落としました。


優子は、姉の首を小袖に包むと、坂下まで落ち延びます。

そして法界寺の住職に姉の首の葬送を頼みました。


中野竹子が、長刀(なぎなた)に結びつけていた自詠の短冊です。


 武士(もののふ)の

 猛(たけ)き心に比(くら)ぶれば

 数にも入らぬ我が身ながらも


竹子を失った一行は戦陣を離れ、その後入城を果たし、多くの女性たちとともに必死で篭城し、最後まで戦い続けました。


会津藩は、幕末から明治にかけて多くの偉人を輩出しましたが、その教育は江戸時代においても群を抜いていたといわれています。

その会津にあった教えが、「什(じゅう)」です。


会津では、子供たちは、毎日これを大声で復誦したといいます。


~~~~~~~

一 年長者の言ふことには背いてはなりませぬ。

一 年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ。


一 虚言(ウソ)を言ふ事はなりませぬ。

一 卑怯な振る舞いをしてはなりませぬ。


一 弱いものをいぢめてはなりませぬ。

一 戸外でモノを食べてはなりませぬ。


一 戸外で婦人と言葉を交へてはなりませぬ。

ならぬ事はならぬものです

~~~~~~~


人の道というのは、まさに「掟」なのだと思います。


http://nezu3344.com/blog-entry-1651.html#more


☆全文はブログからお読みください。応援クリックもよろしくお願いいたします。


« 栗のお話 | トップページ | 岩崎ユキと従軍看護婦のはじまり »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 栗のお話 | トップページ | 岩崎ユキと従軍看護婦のはじまり »