恋愛

2015年12月 9日 (水)

小野小町と「小さな恋の物語」

Image

nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2722.html?sp

 うつつには さもこそあらめ
 夢にさへ 人めをもると 見るがわびしさ

私の大好きな和歌の一つです。

何と書いてあるのか読めなくって、お友達に教えてもらったりしましたが
どんな意味なのか。。。

ある日、ねずブロにアップされていたのでビックリしました💦

こういう不思議な偶然って、ねずブロの読者なら度々経験されてらっしゃるのではないでしょうか✨

***
夢にまで見た憧れの君です。
夢の中でさえ、恥ずかしくって、
正面からお顔をみることさえできないのに、
現実にお逢いするなんて、
あまりにも恥ずかしすぎてお顔さえ見れない。
それでとってもわびしくてもったいないことですのに。

そんなニュアンスの歌なのではないでしょうか


***

つまりこの歌は、一般の解釈のように「人目を避けて逢うことへの嘆き節」だとか、「夢だけじゃなくリアルにも逢えない辛さ」だとかいうような「しみったれた歌」などでは全然なくて、絶世の美女と人に讃えられた、そんな小野小町であっても、大好きな人との出会いにふるえる、そんな純粋な心を持った乙女であることを象徴した歌ということができます。

輝くばかりの美女でも、心の中は、純粋で恥ずかしがり屋の少女であり乙女なのです。
その意味では、一般の普通の女性そのものです。
人は外見ではない。
心の純粋さや、内側にある心は、美女であっても、普通であっても、みんな同じです。
そして、そのような心を持った女性を、美女と讃えたのが日本の古代です。

少し考えたらわかることですが、このとき忍んで行った男の子の側も、なんたって小野小町という絶世の美女のもとに忍んで行くのです。
もしかしたら、自分なんて歯牙にもかけてもらえないかもしれないという不安な気持ちを持ちながら、小町のもとに忍んで行ったに違いないのです。
つまり、小町も、相手の男性も、お互いに夢にまで見た相手とリアルに逢っています。
そして逢いながら、お互いに恥ずかしくて顔を合わせることさえできないでいます。
すこし生臭い表現をしますが、心の高鳴りやトキメキこそが大事なのです。

近年、男女の仲を、ただの肉体の関係みたいに扱うドラマや小説が増えてきているような気がします。
しかし人間は獣(けだもの)ではありません。
愛しあう心のふれあいや、心の高鳴りがあって、はじめてそこに悦びがあります。
そういうことがわからないと、女性をただの性の道具に見立てる馬鹿者が生まれます。

典型が、慰安婦性奴隷という、韓流日本人の造語です。
心こそ大事。
そう思うからこそ、戦前の日本人は、ただの売春婦に、兵隊さんが亡くなる前に最後に接してなぐさめ安心させるご婦人という意味で慰安婦と名づけているのです。
性奴隷と慰安婦では、そこに天地ほどの意味の開きがあります。

 好いた惚(ほ)れたと
 けだものごっこがまかり通る世の中でございます。
 好いた惚れたは、もともと心が決めるもの。
 こんなことを申し上げる私も、
 やっぱり古い人間なんでござんしょうかね。

鶴田浩二の「傷だらけの人生」の歌にあるセリフです。
この通りと思います。
そして心のトキメキをなにより大切にしてきたのが、日本人だし、1200年以上昔の小野小町が詠んだこの歌が、いまでも多くの日本人に愛されている理由だと思います。

小町の詠んだ歌は、女性の立場からの歌ですが、こうした心理は、中高年になってからでもあるものだと思います。
密かに想う憧れの君がいる。
夢にまで見てしまう。
けれど、リアルにその人と会うと、ただのおじさんやおばさんを演じてしまう。
そんな自分を見る(感じる)さみしさ、みたいな感じです。

 うつつには さもこそあらめ
 夢にさへ 人めをもると
 見るがわびしさ

それにしても、小町の心をここまでとろかした「やんごとなき君」って、いったい誰なんでしょうかね。
まさに男冥利に尽きるというか。。。。

***

こちらのブログをお読みいただいてから
⬇︎の動画を見ていただくと、より理解が深まります♪

Image_2

youtu.be/43dXpQ16_bY


ねずブロを読んでからねずさんの動画を見ると、より分かりやすいです。

私が大好きなブログと動画をセットにして、これからもご紹介させていただきますね(^_^)v

2015年11月21日 (土)

小名木善行先生の☆「すれ違い」

Image

nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2835.html?sp

今日のブログは、ねず先生の百人一首解説を読んで以来、持ち続けてきた疑問が一気に解決する衝撃の内容に感動しております💕💕💕

小町さんを置いてけぼりにした、文屋康秀や
前回のブログで書いたヤマヒコの和歌など、日本の神話や古典文学に出てくる、日本男児の純情という理解不可能な想い。

長い間、女性が抱えてきた「すれ違う男女の想い」でしたが、やっとわかってきました。

***

このような男女の思考の微妙な違いを題材にした日本最古の作品が古事記です。
イザナキ、イザナミの思いのすれ違い。
トヨタマヒメとヤマヒコの、お互いの心のすれ違いなどが描かれています。
世界最古の女流文学である『源氏物語』も、こうした男と女の微妙な意識差が描かれ、それが人々の大きな共感を呼んでいます。
共感があるから、千年以上にわたって作品が生きているのです。

こういう心のヒダのすれ違いは、とてもやっかいだし面倒なものです。
けれど、やっかいだからこそ、千年たっても、そこに共感があるわけです。

***

国の形が、人々を大切にするというところから出発しているのです。
そういう国に育った民衆が、相互に人を大切にするようになるのは当然の帰結です。
そしてそれは、国や郷里や友を大切にするというだけでなく、男であれば女を大切にし、女であれば男をたいせつにするというカタチに発展しています。

ところが、そもそも男と女は、冒頭の民子と政夫の会話みたいなもので、頭の構造が違うわけです。
そこに葛藤が生まれる。
その葛藤の中で持って生まれた魂を鍛え、訓練し、自分の魂をより高度なものに成長させていく。
それこそが、魂がこの世に生まれ、生かされていることの理由であるとしてきたのが、日本という国家ですし、そこに日本文化の根幹があるのだと思います。

***

この部分、とてつもない重要な核心が書かれています。

これを踏まえつつ、ぜひもう一度、ねず先生の百人一首を読み返したいと思います。
もっと深い部分で、今までの理解とは違う感動が押し寄せてきそうです。

それを理解し感動することが、封印されてしまった愛を取り戻すことになるし、愛を昇華できなかった御霊の最高の慰めになるような気がします。

そこを書いてしまう、ねず先生は凄いです!

さて、前回の倭塾で私が感じた疑問。
いつも、この疑問から大切なところが読み解かれてきます。
アメノウズメの命は、誰を愛したのだろうか、ということです。
私は今のところの理解では、瓊瓊杵命であったとしか、どうしても思えないのです。

この辺のところは、ねず先生の古事記発売を楽しみにしようと思います。

百人一首は千年前のこと
古事記は神話という、いつの頃かわからないほどの古い昔のことを
ねず先生が、これ以外はありえないという冷静な分析で、独自の解説をしてくださっています。

とても有難いことです(^_^)v

これからも、ねずファンで楽しみにしていきましょうね♪

Image_2


2015年11月 2日 (月)

久しぶりに倭塾に参加してきました☆

Image

昨日は、第22回の倭塾に久しぶりに参加して来ました♪

大盛況でした!
皆さんねずさんパワーをいただいて、キラキラしてらっしゃる方ばかりです✨✨✨

Image_2

講義の始まる前に、憲法改正の署名をお願いされる方や
北方領土返還の署名をお願いされる方などのご紹介がありました。
署名もたくさん集まって良かったですね^_−☆


Image_3

古事記のお話が、もう目からウロコの解説で
本当に心に響きました!
やっぱり、ねずさん天才だわ✨✨

(^o^)/*

Image_4

昨日の講義の中で、いつもとはちょっと違うねずさんの解説がありました。

それが⬆︎なのです。

豊玉毘売が、出産の場を見ないでね、と約束したのに
それを破ってしまった夫の山彦。
恥ずかしい姿を見られてしまった豊玉毘売が、山彦と二度と会うことはしない!と誓って帰ってしまった竜宮城から、山彦に贈った和歌と返歌です。

ねずさんの百人一首の解説で、ちょっと男性の愛について腑に落ちない箇所が幾つかあったのです。

小野小町を置いてきぼりにした文屋康秀さん。
app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1960883/1969016/93442922
⬆︎で以前書いたのですが、小町を置いてけぼりにするのが、なぜ愛なの??
って全く理解不能でした。

ところが、豊玉毘売の切ない愛を分かりつつも、女性の意思と立場を尊重するのが日本男児の変わらぬ愛なのです、とかいう説明にちょっとわかりかけたような気がしました。
これからも、ここのところは研究していかなくては。。。


倭塾の後は懇親会でした。
たまたま偶然にお隣に座られたのが、有名な神社の宮司様ご夫妻でした。
私は、良い機会だと思いましたので、いろいろと質問をさせていただきました。
祈りで、日本を守ることは可能でしょうか?
ということです。
もちろん、実際の行動を起こして世の中を変える人も必要です。
でも私には、そういうことは向きません。
神経がもたないし、体力もない。
せめて神様に平和を願うことくらいしかできないのです。

宮司さんは、仰いました!
「大丈夫ですよ。
祈ることで、神様のご加護で日本は護られます。
私も政治的な事とは距離を置いています。」

とても嬉しいお話を、お聞きできました♪


あと、とても気になっていたこと。
奥様に質問してみました。
「ねず先生の百人一首の解説は、藤原定家が意図した以上の解釈が、現代に合わせたものに
ねず先生が、神様から書かされていると強く感じるのですが、どう思われますか?」

奥様は
「私もそのように感じております。
ラベンダーさんが、それをお感じになったということは凄いことです!」

と同意された上に、褒められてしまい、かなり幸せな気分になってしまいました💕💕💕

今回の古事記も、オール新説です。
ねず先生ご自身も、何でこんな事が書けるのか不思議!
ということでした。

やっぱり。。。

目からウロコの解説は、そういう不思議なパワーを秘めていたのですね^_−☆

そして、それを感じてたくさんの人が集い、結束していく。
これって素晴らしいことです☆

また、参加させていただきますので
よろしくお願いいたします💝

Image_5

昨日、私の心に一番響いた天孫降臨の映像です。
とっても美しい。。

そういえば、不思議なことがありました。
講義の最後にねずさんが
「神様が降りてきて、書かされている気がします」
とおっしゃる時に、降りて、の時に後ろにあった国旗の右側が、ハラリと落ちるのを見ました。
これも、何かのメッセージなのかもしれませんね💕

2015年5月25日 (月)

東天の夜明けに輝く木星と金星

Image

今年、金星と木星と月が大接近するのは6月20日です。
私はこの夜空を見るのを、楽しみにしています(^-^)

【いま、夜明け前の東の空を見上げると、光り輝く大きな星が2つ輝いています。
上に見えるのが木星、下に見えるのが金星です。
木星のほうがちょっと暗く、金星はまるでビーナスのように明るく美しく輝いています。
この2つの星が、夜明け前の東の空に輝いているのです。

木星の神、ジュピターは、正義の神です。
金星は、ビーナス、美の女神です。
そして2つの星の輝きのあとからは、太陽が昇ります。
太陽は、日本の象徴です。

正義が実現され、美が実現され、陽がまた昇る。
まさにこれからの日本を象徴しているような気がします。】
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1556.html?sp
2012年06月28日のねずさんのひとりごとからの引用です。

この記事から三年経ちましたが、ねずさんのご活躍はめざましいものでした♡

ねずさんシリーズの本が4冊も刊行されました。

毎月講座も開かれるし、講演会は毎週どこかで開催される勢いです♪

ねずさんファンとしては、とても嬉しいことです。

私の当初の目的は達成されましたので、もうここは必要でなくなりました。

私の大好きなこの季節に、大好きな写真を最後に
こちらのブログはしばらく休止させていただきます。

今まで、ありがとうございました(^-^)
また、いつかどこかでお会いしましょう💝

Image_2


2013年11月26日 (火)

小名木善行さんの☆矢頭右衛門七の恋

Image

おはようございます(^o^)/
今朝は、カラッとした良いお天気になりました。
昨夜は、暴風雨ですごかったですね^_^;

今日は、ねずさんのひとりごとマガジン「ねずマガ」のご紹介です(^.^)

赤穂浪士のお話の中で、ねずさんが特に好きなのが、「矢頭右衛門七(やとうえもしち)」のお話なんですって(⌒▽⌒)

討ち入りの時、17歳でとっても美男子だった右衛門七と、浅草駒形の茶問屋、喜千屋嘉兵衛の娘で、お千ちゃんの恋のお話なんです(^ν^)

田舎から出てきて、都会の女の子の風習を知らずヘマばかりして、お千ちゃんを怒らせてしまう右衛門七。

このあたりの描写で、ねずさんの挿入がとても面白くって大爆笑でした!


「まぁ、なんということをっ!私は願い事を書いた短冊を枝に結び付けようとしていたのです! 
それを切り落とすなんて!」田舎から出てきたばかりの武骨者の右衛門七(えもしち)には、花のお江戸の若い女性の習慣など、知るすべもありません。親切にと思ったことが、またまた裏目に出てしまいました。

 こういうの、なんだかすごくよくわかる気がします。私事ですが、よかれと思って女性にしたことが、ひんしゅくのオンパレードになって、「デリカシーがない」と叱られてしまう。十代の昔からそうです。って、六〇近いオヤジの話なんて聞きたくないって?うるせえ!俺にだって十代の頃はあったんだい!(笑)


、、、、、、、、、、、、、、、

ここんとこ!

大爆笑ですよね(^ν^)

私は、おかしくってたまらなくって、一人でお腹抱えて爆笑してました。

どんなデリカシーのなさなんだろう(⌒-⌒; )?

と、こんな感じで
ねずブロでは、ないような面白いお話が毎週発行されています。

今日は、この二人の恋の続きが配信されるのが待ち遠しいです*
・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

ねずマガ会員だけの特典で、倭塾の動画配信もされています。

その中で、ねずさんが家康の命令で造った小名木川の、小名木四郎兵衛さんのお話をちょろっとされてました。
幕臣旗本?になったとか。
ネットで調べてもよくわからないので、今度是非ブログで書かれて欲しいです。
ご先祖さまのことなのだから、残すべきお話です(^.^)

あとこの武将の方、榊原康政様☆

ねずさんにそっくり!っていつ見ても思います。
メガネかけて背広きたら、瓜二つですよ!!
きっと☆〜(ゝ。∂)

血って、恐ろしいものですね〜


Image_2